プラント輸出データ便覧 定期購読・最新号・バックナンバー

プラント輸出データ便覧 定期購読・最新号・バックナンバー

プラント輸出データ便覧 定期購読・最新号・バックナンバー

プラント輸出データ便覧の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

プラント輸出データ便覧の詳細です。


プラント輸出データ便覧の公式サイトへ
本・雑誌 プラント輸出データ便覧
本・雑誌内容 本書は小社が発行するプラント輸出専門の定期媒体『重化学工業新報』(週2回刊)およびその速報版であるメール配信版『JKnews』などで紹介した1年分のプラント・エンジニアリング案件などを見やすく整理し、利用しやすくまとめた年鑑本です。 2013年版の第1章では日本企業と海外企業の2012年のプロジェクト受注案件や応札状況、2013年の注目プロジェクトを中心に取り上げ、総合重機・エンジニアリング専業企業の受注推移を追加しました。第2章では海外プロジェクトの現況を分野別に整理、第3章の地域別・国別状況を従来のリスト形式から分析・注目案件の形式に変更しました。第4章では2011年度や2012年度上期の海外プラント・エンジニアリング成約実績、円借款案件・成約企業のリストなどを掲載したほか、2012年版から海外建設工事受注実績を追加掲載しました。 プラント関連ビジネスに関わるデータを網羅した本書が情報整理の一助となり、プラント貿易に携わる国内産業飛躍の一翼を担えれば幸いです。
本・雑誌内容詳細 海外のプラント・エンジニアリング案件と成約動向を定点観測データとして分類・整理した年鑑本

「プラント輸出データ便覧 2018年版」は、① 2018年の海外注目プロジェクト、②日本企業と海外企業の2017年プロジェクト受注状況、③総合商社と総合重機・エンジニアリング専業・鉄鋼系の2016年度受注(成約)実績、④海外プロジェクトの分野別現況、⑤海外プロジェクトの地域別・国別プロジェクト現況、⑥ 2016年度の海外プラント・エンジニアリング成約実績、⑦2016年度海外建設工事受注実績、⑧ 2016年度重電機器受注実績、⑨2016年度円借款プロジェクト受注状況など、海外プラント・エンジニアリングビジネスに関連した情報を網羅・収録。

目 次

第1章 海外プロジェクト受注動向
1.注目される2018年のプロジェクト (2017年末現在の情報に基づき作成)
2.日本企業の2017年プロジェクト受注動向 <2017年1?12月>
3.海外企業の2017年プロジェクト受注動向 <2017年1?12月>
4.日本企業の2016年度海外プラント受注動向
5.総合商社の2016年度海外プラント成約実績
6.総合重機・エンジニアリング専業の2016年度受注実績
7.最近の日本企業受注・応札状況(2017年末現在)

第2章 分野別海外プロジェクトの現況
1.エネルギー・化学
2.電力
3.鉄道
4.空港
5.港湾
6.道路・橋梁
7.金属 
8.水
9.ごみ処理
10.通信
11.都市開発
12.その他

第3章 地域別・国別海外プロジェクトの現況
1.東アジア
2.東南アジア
3.南西アジア
4.中近東
5.アフリカ
6.米州
7.大洋州
8.欧州
9.ロシア・NIS

第4章 海外プラント・建設成約実績
1.2016年度の海外プラント・エンジニアリング成約実績?日機輸
 (参考)2017年度上期の海外プラント・エンジニアリング成約実績?日機輸
2.2016年度のエンジニアリング産業と動向?エンジニアリング協会
3.2016年度の海外建設工事受注実績?海外建設協会
4.2016年度の重電機器受注実績?日本電機工業会
5.2016年度の円借款プロジェクト受注状況?JICA
 (1)本体工事
 (2)コンサルタント業務
 (3)応札者リスト

資料
プラント用語集
プロダクトNo 1281681679
出版社 重化学工業通信社
発売日 毎月a日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。