多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジンの詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の「音声付き電子版」が無料でお読みいただけます。

■特集は教科書が教えてくれない、海外ドラマのリアル英会話
試験対策本や学習テキストの品行方正な英語とは違い、海外ドラマの英語は喜怒哀楽にあふれた生きた英語。日本語字幕や英語字幕を活用し、面白いドラマを楽しみながら英語力を伸ばす方法をわかりやすく解説します。
・なぜ今、海外ドラマで学習するのか? (南谷三世)
・海外ドラマの英語の特徴とは? (南谷三世)
・日常で役立つ、海外ドラマの英会話 (監修:南谷三世)
・この海外ドラマがすごい! 2018年版 (池田 敏)

●やさしい洋書を読み、朗読CDを聞く[快読快聴ライブラリ]
[1] Paddington: A Day Out
[2] I Want My Hat Back
[3] The Story of Instant Noodles
[4] My Father’s Dragon (『エルマーのぼうけん』)
[5] The Yuzuru Hanyu Story (『英語で読む羽生結弦』)

●ワンランク上の[快読快聴ライブラリプラス]
・Harry Potter and the Sorcerer’s Stone (『ハリー・ポッターと賢者の石』)
・20 Facts about the Harry Potter Book Series

●特別記事●
・『エルマーのぼうけん』原作者登壇
パネルディスカッション・レポート
・Tokyo Global Gateway オープン記念レポート

●リスニング、シャドーイングのなま素材●
(1) ニュースの英単語 stigma / pamper
(2) 英語で聞く日本観光vol.5 大阪編
Dotonbori / Osaka Castle
(3)『ハリー・ポッター』シリーズ陰の功労者、アラン・リックマンが語る
(4) 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 のエディ・レッドメインとジュード・ロウにインタビュー

■連載
(1) 対決の海外ドラマ(池田 敏)
(2) TOEIC(R)L&Rテスト めざせPart7時間内制覇!(早川幸治)
(3) キーワードで見るニュースの裏側:「アメリカの中間選挙をめぐって」 (沢田 博)
(4) 語源今昔物語: 「選挙報道をめぐる言葉」(長沼君主)
(5) 多聴多読的読書ガイド(古川昭夫/黛道子/西澤 一/伊藤晶子/柴田里実)
プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。