会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Zの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

会社法務A2Zの詳細です。


会社法務A2Zの公式サイトへ
本・雑誌 会社法務A2Z
本・雑誌内容 企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。
本・雑誌内容詳細 ■□                             □■□
■□     『会社法務A2Z』2018年7月号 CONTENTS     □■
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

┏┓  経営法談 management & law
┗┛────────────────────────────◆・◆
  
    ヒット商品創出のヒント・苦労談
    /錦見鋳造株式会社 代表取締役 錦見泰郎

■ ┐+─────────────────────────────+
└■<特集>
    
    今の対応で十分ですか
    コンプライアンスの取組み 

  ────────────────────────────◆・◆  

 ・ SDGsと経団連「企業行動憲章」の改定
   /明治大学経営学部特任教授
    損害保険ジャパン日本興亜㈱ CSR室シニアアドバイザー
    関 正雄 

 ・ 職場のハラスメント問題~最近の傾向と とるべき対策
   /㈱クオレ・シー・キューブ 執行役員・シニアコンサルタント
    稲尾和泉

 ・ 最近の情報漏えい事件の傾向にみる
情報取扱いに関する留意点
   /弁護士 佐々木 奏

  ------------------------------------------------------------------

<Zoom Up!―特別解説―>
   相談役・顧問制度の見直しに与える影響大!
   相談役・顧問に関するCG報告書の開示事例の分析と課題
   /弁護士 柴田堅太郎

<時事解説>
   「コンデンサカルテルでEUより日本企業に330億円の制裁金」事件にみる
   調査対象等とされた場合の対応上の留意点
   /金融ジャーナリスト 伊藤 歩

<判例解説>
  ベネッセ最高裁判決の概要と企業実務への影響
   /弁護士 沢崎敦一

 +・+・+─────────────────────────+・+・+
┏┓ 連載
┗┛────────────────────────────◆・◆

 ■ 知らなかったでは済まされない!!
諸外国のカルテル規制
/弁護士  長橋宏明
弁護士  川﨑 毅
(6)シンガポール
  
 □ 実務に役立つヘルスケア関連法務
/弁護士・ニューヨーク州弁護士 岡田 淳
弁護士 松田知丈
(6)健康食品の表示規制
    ~特定保健用食品、機能性表示食品を巡る動向など~
  
 ■ 山本孝夫の英文契約入門ゼミナール
/明治大学法学部元専任教授 山本孝夫 
(6)Aから始まる契約用語 ⑥
  
 □ 中国ビジネス 現場で役立つ 実務Q&A
/公認内部監査人 奥北秀嗣
(73) Rビザ(外国高級人材ビザ)と外国人ランク制度実務
  
 ■ 会社労務 ありがち事件簿・霊界編
   ~もし「あの世」にも労働法があったら~
/法律・裁判ライター 長嶺超輝
(24) 就業後の呼出し
  
 □ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!
/弁護士 畑中鐵丸・ 弁護士 野間口太朗
(112)海外独禁法の恐怖②
     「なぬ!? アメリカでトラブルだと!?」
  
 ■ 危ない「グレーゾーン」 過去事例から学ぶ税務訴訟
/中央大学商学部教授・アコード租税総合研究所所長 酒井克彦
(98)父の事業に子が従事する場合の所得の帰属
  
 □ 「司法の小窓」から見た法と社会
/中央大学大学院法務研究科教授・弁護士 加藤新太郎
(129)教え子の退官 

┏┓ 会社法務ディレクトリ
┗┛────────────────────────────◆・◆
 ■ 最近の公表資料から Search & Link ■
 ■ 新商品紹介  今月のおすすめ実務書・関連商品 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281682157
出版社 第一法規
発売日 毎月25日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。