オルタナ 定期購読・最新号・バックナンバー

オルタナ 定期購読・最新号・バックナンバー

オルタナ 定期購読・最新号・バックナンバー

オルタナの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オルタナの詳細です。


オルタナの公式サイトへ
本・雑誌 オルタナ
本・雑誌内容 オルタナの誌名は英語の「alternative(もう一つの)」から採りました。環境とCSRの両 方を前面に掲げている雑誌としては日本で唯一の存在です。重点取材分野は、環境/CSR /自然エネルギー/第一次産業/ソーシャル/エシカルなどです。環境や健康、CSR(企業の社会責任) など、新しい(オルタナティブな)ビジネスの価値観で動く企業を積極的に報道し、こうした企業と連携し コミュニティをつくり、相互交流を図ることで私たちの社会に新しいビジネスの価値観を広げ ていきます。
本・雑誌内容詳細 今号の表紙
伊勢谷 友介(いせや・ゆうすけ)
俳優、映画監督、カクトエンタテインメント所属・株式会社リバースプロジェクト代表。1976年、東京都生まれ。東京藝術大学美術学部修士課程修了。大学在学中、ニューヨーク大学映画コースに短期留学し、映画制作を学ぶ。(撮影:三浦 安間)

【誌面ではスペシャルインタビュー「SDGsを共通の指標に」を掲載】

feature story
世界企業/NGOのパワーバランス
We Mean Businessとは?

世界では今、企業とNGO(非政府組織)が大同団結して「サステナブル(持続可能)な経済社会」を目指す新たな「うねり」が起きている。企業とNGOが対立していた20世紀型の関係から脱皮し、脱炭素や地球環境、人権などの問題において独自の基準を作り、影響力を広げる。その旗手が「ウィ・ミーン・ビジネス(We Mean Business)」同盟だ。

[コラム]
NGOの存在感顕著
企業は俯瞰視点を
藤井 敏彦・多摩大学大学院客員教授

「対話なき開発」に限界
サステナビリティ(持続可能性)のトップランナー企業はNGO/NPOとの対話を進め、社会的課題の解決に正面から向き合い始めた。一方で、旧態依然とした対立構造から抜け出せない事例もある。_

[アニマルウェルフェア]
経営課題に「動物」
潮流は日本にも

欧米ではアニマルウェルフェア(以下AW)に対応することが、企業にとっては重要な経営課題の一つだ。230兆円を運用する機関投資家が動物福祉に関する宣言に署名し、畜産のあり方を問題提起する投資家のイニシアチブも生まれた。この流れは日本にも波及するだろう。_

[米国]
「NPOコラボ2.0」加速

米国のNGOやNPOは、政府からの支援が減少しつつある一方で、企業とNPOが「コラボレーションする時代」を迎えた。パートナーとしてお互いWin-Winの関係を築ける活動を促しているのだ。スタンフォード大学が発行する、「ソーシャルイノベーションレビュー」に寄稿したNPOのマーケティング専門家ピーター・パネペント氏は、こうしたNPOの活動を「NPOコラボレーション2.0」と呼んでいる。

[フランス]
「アメ」と「ムチ」で
企業の方向転換促す

フランスのNGOは、倫理に反する活動や安全を脅かす活動をする企業を告発するキャンペーンを張ることが多い。方法は「アメとムチ」。SNSやメディアで企業を叩き、反響に驚いた企業が折れてきたら企業の方向転換を支援する。ところが政府が準備している法律で、NGOと企業の告発・協力関係に暗雲が漂い始めた。

[中国]
環境NGOが急成長
多国籍企業動かす

平坦でない中国のNGO活動の中で、環境NGOのIPEは一貫して環境情報の公開を促進。末端の工場にも「相手にされない」NGOからフォーチュン500企業も頼る存在に成長した。そのカギは賢いターゲット設定に加え、圧力と「協力的アプローチ」、ITの駆使や巧みなデータ活用・広報戦略などにありそうだ。

[ダイベストメント]
ダイベストメントで
競争力が問われる

化石燃料関連事業や企業からの投融資撤退(ダイベストメント)が世界的に拡大している。総額6兆ドルと試算される動きは、パリやニューヨークなど大都市をはじめ世界の有名大学でも起きている。国内でも4月以降、日本生命が新規の石炭火力発電所建設のための投融資停止を検討中と明かすなど動きはあるが、まだ足踏み状態だ。

alterna person
筒井 隆司(WWFジャパン事務局長)
NGOとの連携は企業の生存競争

NGOと企業のグローバル規模での連携が急速に進んでいる。その背景について、世界自然保護基金(WWF)ジャパン(東京・港)の筒井隆司事務局長は「企業がNGOと組み、社会的課題に率先して取り組むことで、より持続的な存在になるため」と、企業が生き残りをかけて取り組んでいると分析する。ソニーで33年間、主に海外営業畑を歩み、自身も電機業界でさまざまな政策渉外活動や対外交渉を経験した筒井事務局長は今、NGOの立場で新たなパートナーシップを模索する。

2 Social Design Gallery

パキスタンの無法地帯、トライバルエリア

8 art

高橋さとみの切り絵ワールド──地球に住んでいるから

9 column

オルタナ魂  森 摂

NGOと切磋琢磨(せっさたくま)できる土壌を

social business around the world

10 [欧州編/イギリス]コーヒーかすが家庭用燃料に

11 [アジア・オセアニア編/パキスタン]トランスジェンダー、パキスタン初の専用校

12 [アジア編/日本]京都の過疎地、インバウンドで脚光

14 feature story

columns

37 オルタナティブの風  田坂 広志
人工知能革命と人間力

39 エゴからエコへ  田口 ランディ
「セブ島語学留学事情」

agriculture
40 農業トピックス  西村 ユタカ

41 日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江 倫明

「土」と「種」から離れる農業

forestry
42 林業トピックス  編集部

43 「森を守れ」が森を殺す  田中 淳夫

針広混交林の長短を考える

fishery
44 漁業トピックス  瀬戸内 千代

45 人と魚の明日のために  井田 徹治
乱獲のヒットエンドラン

fair trade

46 フェアトレードトピックス  中島 佳織

47 フェアトレードシフト  中島 佳織
チョコレートはこの先もなくならない?

fundraising
48 ファンドレイジングトピックス  三島 理恵

49 社会イノベーションとお金の新しい関係  鵜尾 雅隆
A-PAD、ノーベル平和賞へ

50 オルタナティブな空間  馬場 正尊
仙台の勾当台公園で社会実験

53 欧州CSR最前線  下田屋 毅
五輪をサーキュラー・ゲームに

54 CSRトピックス  CSR48
楽天、未来を変える買い物を提案 他

56 KIYOの哲学 考察編  南 清貴
亜麻仁油入りマヨネーズの危険性

57 エコでヘルシーな食空間  岡村 貴子
味噌の魅力を伝える専門レストラン

58 エシカル・ファッションの旗手たち  生駒 芳子
自然の恵みを宿した錬金術的ジュエリー

60 世界のエコホテル巡礼  せきねきょうこ
自然との共存と発想の転換

62 間違いだらけの自転車選び  山本 修二
作り手の想いが見える自転車を選ぶ

63 オルタナSELECT 編集部おすすめの逸品たち
これからは脱プラスチック

68 CSR executive forum CSR経営者フォーラム
CSR関東/CSR九州

72 読者の声&プレゼント

74 flash fiction 「こころざし」の譜  希代 準郎
三十一文字の遺書
プロダクトNo 1281682296
出版社 オルタナ
発売日 3,6,9,12月の30日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。