エネルギーと環境 定期購読・最新号・バックナンバー

エネルギーと環境 定期購読・最新号・バックナンバー

エネルギーと環境の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

エネルギーと環境の詳細です。


エネルギーと環境の公式サイトへ
本・雑誌 エネルギーと環境
本・雑誌内容 週刊「エネルギーと環境」は、エネルギーの分野と環境問題を対象に、これまで約35年以上にわたり、 行政情報、産業界情報などをタイムリーかつ正確に提供してきた独立経営の専門誌でございます。公正中立の編集方針と先見性のある掘り下げた情報提供で、中央、地方行政、 産業界や学会などの関係者から高い評価をいただいております。地球温暖化対策の国際交渉や排出量取引制度の行方、原子力、再生可能エネルギー、省エネルギーなどの国内対策、3Rや廃棄物対策、土壌汚染対策などの最新動向をフォローするなら、ぜひ本誌をお選び下さい。
本・雑誌内容詳細 No.2512…2019.1.17
今週号8頁

<第1レポート>
復興庁の後継組織像3月末に、国土強靭化も絡む

 東日本大震災と福島第一原発事故からの復興・再生に取り組んで
きた「復興・創生期間」の終了を2020年度末に控え、19年以降、ポ
スト復興庁の議論が本格化。18年度末には「復興行政全体の方向性」
が政府決定される。19年度予算計上は、原発災害対策や再エネ振興
など道半ばだ。

<第2レポート>
北東北の系統制約克服へ、まずは353万kWを連系に

 北東北地方で発生している系統制約問題は、時間をかけて段階的
に解消へ向けて進んでいる。まずは風力発電を中心とした353万kWの
系統連系の接続プロセスが進行する。一方、経済産業省は19年度以
降のFIT価格案を取りまとめた。20年度末の抜本見直しを見据え
た価格案となった。

<ザ・キーマン>
都市ガスと再生エネをコラボ、広瀬協会会長に聞く(下)

 日本ガス協会の広瀬道明会長(東京ガス会長)は17年4月からのガ
ス小売り全面自由化について、選択肢の拡大や様々な工夫が可能で、
地方の都市ガス会社は各地域のニーズに独自対応できており改めて
評価しているという。また協会はデジタル技術の業務での活用を検
討中だ。

<ジャンル別週間情報>
●国交省、中規模建築物を省エネ適合義務対象に(省・新エネ)
●環境相、IRENA総会で再エネ主力化強調(省・新エネ)
●清水建設、水資源豊富な富山の小水力事業に参入(省・新エネ)
●東芝組織再編、パワーシステム事業部を4月に新設(省・新エネ)
●メガソーラー計画に反対運動、アセス改正を要請(省・新エネ)
●中部電力、3社から計105万kWの電力融通(電力・ガス)
●東電ニチガス連合、都市ガス100万件突破(電力・ガス)
●日立製作所が英国原発事業を凍結、再編統合の契機?(原子力一般)
●リンガーハットがプラストロー廃止、全店で(廃プラ対策など)
●経済産業省人事異動(エネルギーと環境関係)(人事異動・組織改正)

※今週は<エネ環ダイジェスト>ありません
プロダクトNo 1281682519
出版社 エネルギージャーナル社
発売日 毎週木曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。