感染と抗菌薬 定期購読・最新号・バックナンバー

感染と抗菌薬 定期購読・最新号・バックナンバー

感染と抗菌薬 定期購読・最新号・バックナンバー

感染と抗菌薬の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

感染と抗菌薬の詳細です。


感染と抗菌薬の公式サイトへ
本・雑誌 感染と抗菌薬
本・雑誌内容 感染症を専門とされない一般臨床医、実地医家、コメディカルの方々のために、感染症と抗菌薬にかかわる臨床上重要なテーマを、わかりやすく解説しています。
本・雑誌内容詳細 特集 多剤耐性グラム陰性菌対策を見直す―『薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン』に向けて
●多剤耐性グラム陰性菌対策としての臨床医の役割―『薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン』を受けて
●多剤耐性グラム陰性菌の現状―世界と日本の薬剤耐性動向を俯瞰する
●多剤耐性グラム陰性菌における抗菌薬適正使用
 (1)多剤耐性緑膿菌(MDRP)
 (2)多剤耐性アシネトバクター(MDRA)
 (3)基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌
 (4)カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)・カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)
●患者別の実践手引き グラム陰性菌感染症のマネジメント―病態・治療・予防まで
 (1)術後患者
 (2)血液疾患患者
 (3)固形癌患者
 (4)ICU患者
 (5)小児患者

●随感
 思い出ずるままに~医学人生模様(63)

●院内におけるAntifungal Stewardship(AFS)への取り組み
プロダクトNo 1281682545
出版社 ヴァンメディカル
発売日 3,6,9,12月の10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。