Cycle Sports(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Cycle Sports(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Cycle Sports(サイクルスポーツ) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Cycle Sports(サイクルスポーツ) の詳細です。


Cycle Sports(サイクルスポーツ) の公式サイトへ
本・雑誌 Cycle Sports(サイクルスポーツ)
本・雑誌内容 【注意事項】ご登録いただいた住所やメールアドレス等については、当社プライバシーポリシーに基づく厳重に管理いたします。当社プライバシーポリシーはこちらです。 https://www.fujisan.co.jp/guidance/info-personal-information/ また、1年購読をお申込の方には自転車保険プレゼントを付与するために必要なお客様の個人情報をau損害保険株式会社と共有させていただき、 お客様へのご連絡に使用させていただきます。なお、共有された個人情報はau損害保険株式会社 「プライバシーポリシー(https://www.au-sonpo.co.jp/pc/common/popup/PU_C_7.html)」に基づいて管理します。 また、保険プレゼント詳細についても、特設ページ(https://www.fujisan.co.jp/product/1281682709/campaign/au-sonpo/)にて御確認いただき、御同意のうえ、お申し込みください。
本・雑誌内容詳細 第1特集
本能を呼び覚ます至福の地
Touge Emotional
峠、エモーショナル。
サイクリストはなぜ峠を目指すのか、その魅力は何なのか。エモーショナルな気持ちをかき立てられる峠の魅力について、改めて探る大特集。山地の多い日本には、人気の峠から、ひっそりと山奥にあるマニアックな峠まで、数え切れない峠がある。そんな中から、今回の特集はメジャールートにちょっと飽きたサイクリストに向け、ちょっと違った楽しみ方を紹介。峠大好き女子ブロガー〝篠さん〟が案内する峠の楽しみ方、人気峠〝渋峠〟の裏ルートの楽しみ方、インスタ映えする〝バエル峠〟、グールグストリートビューを活用した〝現代版パスハンティング〟ほか、峠好きのサイクリストたちが、さまざまな角度から峠の魅力、そして新しい峠の楽しみ方をお伝えする。

第2特集
体の硬い人に効果絶大
シマノ・105 160㎜クランクで
ペダリング効率アップ!
近ごろ、長さの短い〝ショートクランク〟が注目されている。特に柔軟性が低く、欧米人に比べて足の短い日本人が使用すると効果的とも言われる。そしてシマノが105グレードに160㎜という短いクランク長をラインナップに加え、ショートクランクの活用が身近になっている。そこで本誌では、マッサーでありフィッターでもある中野喜文さんをアドバイザーに招き、ショートクランクの利点を改めて紹介するとともに、実際にこの種のクランクを使うに適した編集部・大宅にフィティングを行うなどして効果を検証。ショートクランクの本当の意味、そしてフィッティングと活用法などを多角的に紹介する。

自転車道
「チタンフレームを知る旅」其の二
本誌〝超人気連載企画〟今号は前号に続いて「チタンフレームを知る旅」の第二弾。今回は日本におけるチタン素材の供給元として大手の神戸製鋼への取材を敢行。なぜチタンの合金化にはニッケルとヴァナジウムが必要なのか? などを始め、これまで自転車媒体では語られなかったチタン素材の特性について徹底的に迫る。目からうろこの貴重な13ページ。

F10との比較も交えて徹底検証
ピナレロ・ドグマF12の到達点
チームイネオスのお披露目と同時にピナレロから発表された、同社の新フラッグシップ「ドグマF12」。その試乗車(ディスクブレーキモデル)が早速、国内に入荷してきた。そこで本誌では、鋭い製品解説と試乗コメントで定評のあるフォーチュンバイク・錦織店長を迎え、前作F10との同時試乗も行いF12の進化を徹底的にチェックする。

ジロ・デ・イタリア2019
逃げた初山翔、完走の意味
チームからのオーダーである「逃げ乗る」という任務を果たして、自身初出場となるジロ・デ・イタリアで完走を果たした初山翔。成績こそ最下位ではあったものの、その果敢な走りは自転車競技の本場のファンたちにも大きな印象を残した。彼がこのジロで感じたもの、そして得たものとは……。
プロダクトNo 1281682709
出版社 八重洲出版
発売日 毎月20日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。