BOKUDEN(ボクデン) 定期購読・最新号・バックナンバー

BOKUDEN(ボクデン) 定期購読・最新号・バックナンバー

BOKUDEN(ボクデン) 定期購読・最新号・バックナンバー

BOKUDEN(ボクデン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BOKUDEN(ボクデン)の詳細です。


BOKUDEN(ボクデン)の公式サイトへ
本・雑誌 BOKUDEN(ボクデン)
本・雑誌内容 当誌が主眼とするものは、東京に対峙する関西というスタンスではなく、メイン・キャラクターに松岡正剛氏(京都出身)をどっしりと据えて、大人が年齢相応に知っておきたい本や、松岡氏独自のニューバロックな読書方法などを展開しているという点で、今までになかった着眼点を打ち出した。要するに今どきの小綺麗で広告満載の「視る雑誌」に対して、真の「読む雑誌」を目指したということである。半可通な読書歴では歯が立たない「硬派な雑誌」として、独自の領域を深めていこうと編集部は意気込んでいる。
本・雑誌内容詳細 1.特別連載 松岡正剛書き下ろし
世界境界の読み方 1.

『パンの耳あるいは二十一世紀バロック起爆へ』

※あの松岡正剛が初めて明かす読書術の奥義の数々。本はバロック的に読むのが楽しいうえに様々な発想ができる。目から鱗の読書術・・・

松岡正剛の主要な著作一覧

2.特集・編集部が選んだ『50歳までに読んでおきたい百冊の本』日本編
※収録・批評した著作の一部紹介

丸山真男・湯川秀樹・吉本隆明・谷川雁・高橋和巳・山本義隆・羽仁五郎・小田実・開高健・大江健三郎・三島由紀夫・石川達三・落合恵子・岸上大作・梅本克己・田中吉六・対馬忠行・良知力・桶谷秀昭・内村剛介・石原吉郎・長崎浩・遠山啓・寺山修司・高野悦子・道浦母都子・樺美智子・柴田翔・倉橋由美子・滝田修・鮎川信夫・大佛次郎・立松和平・津本陽・新渡戸稲造・萩原朔太郎・兵頭正俊・湯川秀樹・都築響一・長井真理・中上健次・埴谷豊・松本健一・小池真理子・山口定・江藤淳・廣松渉・清水昶・藤本進治・徐勝・徐俊植・網野善彦・長田弘・梯明秀・橋川文三・加賀乙彦・平岡正明・柄谷行人・脇圭平・藤原伊織・武井昭夫・鶴見俊輔・白川静・五木寛之・竹中労・池田浩士・横越英一・童門冬二・村上一郎・湯浅赳男・大杉栄・戸坂潤・平田清明・布施柑治など。

(次号の特集は外国人著者による50冊を選定する)

3.いま復刊本ブームを探る。
もう読めなくなった懐かしい本も、あなたの投票で甦る・・・復刊ドットコムに聞く。

4.探訪・「書斎のある暮らし」
第一回 高野孟「最終指令 自足せよ!!」

「農ある暮らし」で自分自身の自給率を上げる

5.シリーズ剣豪に学ぶ
第一回「塚原卜伝の十二番勝負」塚原卜伝ゆかりの地を訪ねて 

6.シリーズ「対・決」
大人の娯楽「パチンコV.Sパチスロ」

7.インタビュー企画 江見朗
躍進続ける「レストラン・エクスプレス」代表取締役 江見朗---意外!「ぼくらは外食産業ではありません!!」

8.インタビュー2. 重信メイ
国際ジャーナリスト 重信メイ「米大統領選の成り行きで中東情勢はどう変わるのか?」

9.インタビュー3. 垣田達哉
テレビでは教えてくれない「食品表示」のウソ?ホント! 「食の安全は、まず表示から始まる」

10.インタビュー4. J.J.サニー千葉
あのアクション・スター界の第一人者である千葉真一が、和知永倫道という名の映画監督として新渡戸稲造の『武士道』に挑戦する。

11.書評『エリック・クラプトン自伝』
ブリティッシュ・ブルースの現人神が赤裸々につづった人間宣言

12.発刊記念BOKUDEN誌上オークション
(1)ドアーズ・ロビークリーガー愛用のギターとジムモリソンのサイン入りポートレイトのセット        (2)巨匠・堂本印象の日本画『清夏薫風』

13.神が棲むという国のミドルエージたち 
ネパールという国のこと・・・日本人と出会ってチャンスを掴むことになったコーヒー園の社長

14.シリーズ この人に聞く 中島貞夫
やくざ映画にもモノづくりの原点がある。もう一度チャンバラ映画を作りたい。

15.シリーズBOKUたちの昭和史
「学生新聞から知る時代の情景」第一回 同志社大学新聞(CD-R復刻版1946~1994)

16.琵琶湖に繰り広げられる華麗な昭和絵巻
スーパーミュージアム・タイムマシーン・・・ビンテージギター2,000本が圧倒するロックな世界。

17.編集後記「らいたあのうつ」
まずもって煌めくコンテンツが欲しかったのだ。

プロダクトNo 1281682978
出版社 サイゾー
発売日 毎月a日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。