BIO Clinica(バイオクリニカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BIO Clinica(バイオクリニカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BIO Clinica(バイオクリニカ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BIO Clinica(バイオクリニカ)の詳細です。


BIO Clinica(バイオクリニカ)の公式サイトへ
本・雑誌 BIO Clinica(バイオクリニカ)
本・雑誌内容 高度最先端技術の中で最も脚光を浴びているバイオテクノロジーは、農林・水産・食品・化学・医薬品さらには医療の場での実用化が進められています。臨床現場にどのように活用され、どのような効用をもって、どのように展開されて行くのか。月刊「BIO Clinica」は、バイオテクノロジーの臨床医学への応用化を中心テーマに、たんに基礎研究にとどまらず、応用技術や医療技術、またその周辺情報を満載しています。
本・雑誌内容詳細 本庶 佑 教授(BIO Clinica 編集顧問)ノーベル生理学・医学賞受賞記念号
がん免疫の最前線
Frontline of cancer immunotherapy

価格:定価2,130円+税

本庶 佑 教授(BIO Clinica 編集顧問)ノーベル生理学・医学賞受賞によせて
・PD-1とがん,そして自己と非自己の識別(石田 靖雅)
・PD-1研究における「点と点」(縣 保年)
・本庶佑教授のノーベル医学・生理学賞に際して(濵西 潤三)

TOP (巻頭言) がん免疫治療 —ブレーク・スルーを超えて—(鵜殿 平一郎)

特集 がん免疫の最前線
・総論:免疫チェックポイント阻害剤の衝撃と,がん免疫療法のさらなる発展
   〜新規治療,個別化,複合化〜(池田 裕明)
・免疫チェックポイント阻害薬(濵西 潤三・万代 昌紀)
・キメラ抗原受容体遺伝子改変
   T細胞療法の最前線(西尾 信博・髙橋 義行)
・iPS細胞技術を用いたがん免疫療法(早稲田 真澄・金子 新)
・ネオアンチゲンを標的としたがん免疫療法(宮原 慶裕)
・複合がん免疫療法とバイオマーカー(唐﨑 隆弘・垣見 和宏)

BIOLOGY TOPICS
・脊髄性筋萎縮症:SMN遺伝子コピー数の多様性と現生人類アフリカ単一起源説(野口 依子・篠原 正和 他)
・肺がんオルガノイド・血管内皮細胞共培養システムを用いた
 細胞間相互作用メカニズムの解明(臼井 達哉・佐々木 一昭)
・新規ペプチドを用いた胆管癌治療法の開発(小林 聡・宮川 眞一 他)
・自己成分由来エクソソームを利用したがん転移治療のための核酸医薬の開発(櫨川 舞)

CLINICAL TOPICS
・補助化学療法を受ける肺がん患者の倦怠感セルフマネジメント促進プログラムの臨床評価(樺澤 三奈子)
・がん診断電気チップの開発(佐藤 しのぶ・竹中 繁織)
・MUSCAT-Assay法の個別化医療への応用(二見 淳一郎)
・小児がんに対するWT1蛋白を標的とした免疫療法の開発ペプチドワクチンから経口がんワクチンへ(橋井 佳子)
・医療の標準化とアクセプタビリティリサーチ(森川 浩子・古家 大祐 他)
・遺伝子変異由来がん抗原:ネオアンチゲンとは?(中津川 宗秀・鳥越 俊彦 他)

NEWS FROM INDUSTRY
・早期がん診断に向けたエクソソーム高効率分離スピンカラム(山崎 秀司)
・がん治療薬の治験実施施設における,治験開始までの期間短縮および延長に影響を与える要因の検討(佐野 絢香・堀内

亮佑 他)
・PETによるがんイメージング研究(塚田 秀夫)
・乳酸菌生産物質の各種腫瘍細胞(13株)に対する in vitro 増殖抑制作用の検討(村田 公英)
・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析(村田 公英)
・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)
・「イルミナ次世代シーケンサーの技術革新と今後の開発の方向性(鈴木 健介)
プロダクトNo 1281683000
出版社 北隆館
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。