リフォーム産業新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

リフォーム産業新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

リフォーム産業新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リフォーム産業新聞の詳細です。


リフォーム産業新聞の公式サイトへ
本・雑誌 リフォーム産業新聞
本・雑誌内容 成長マーケットと言われる住宅リフォーム市場で成功するにはどうすればよいか。紙面では、全国の有力リフォーム事業者取材に基づく、成長企業の経営術をはじめ、最新のトレンド、統計データ、差別化商材など経営・営業に欠かせない情報を幅広く発信しています。本紙独自の「住宅リフォーム売上ランキング」は、市場動向を知る上で欠かせない人気企画として多くの方に支持をいただいています。また、リフォーム業界の中でも注目を集めるオール電化、太陽光発電、リノベーション市場などについてもカバーしています。
本・雑誌内容詳細 TOPニュース
-------------★
◆「職人」向けサイト続々
 ネットで仕事探し
職人に役立つウェブサービスが続々と登場している。
ネットで仕事が探せるサービスや資材が買えるプロショップの案内などさまざま。
職人不足が深刻化する中、テクノロジーの力で課題を解決しようという動きが出てきている。



リフォームビジネス研究
------------------------★
◆SHUKEN Re、マンションリフォーム10億円突破
 高級モデルルームきっかけに受注
千葉県浦安市に拠点を置きリフォームを行うSHUKEN Re(シュウケンアールイー)は、今期売上高15億円を目指す。
高級マンションリフォームブランド「GRANT(グラント)」では、単価3000万円以上の案件も増え、集合住宅修繕の売り上げが好調だ。



2019年トレンド 非住宅リフォーム「オフィス」
-----------------------------------------------★
◆リアルゲイト、シェアオフィス改修で年商20億円
 41物件に1000社超が入居
ビルを「シェアオフィス」に生まれ変わらせるビジネスで今注目されている企業がリアルゲイトだ。
完成したオフィスは古ビルにもかかわらず、ほぼ満室という人気。
業績も好調で、2018年10月期の売上高は前年比約2倍の20億円。
今期も20%増を計画。築古ビルの再生で稼ぐ手法とは何か。


◆イトーキ、仕事内容で働く場所を変更
 「集中」専用部屋や和室も
オフィス家具メーカーのイトーキは、「ABW(Active Based Working)」という新たな働き方を推進し始めた。
昨年12月に本社を移転し、リノベーション。「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」として、グランドオープンした。
オフィス改装をしたい人向けに見学会も行う、異例のオフィスだ。


◆IMAEDA DESIGN、「オフィスらしくない」空間を提案
 自社の5空間をモデルル-ムに
オフィスリフォームをビジネスチャンスと考えるリフォーム会社も出てきている。
平均500万円のオフィス改修を年間10件以上手がけるIMAEDA DESIGNは昨年9月、自社オフィスをリノベし、モデルルームに。
「エアライン」をテーマにしたオフィスデザインを提案している。



2019年トレンド 非住宅リフォーム「HOTEL」
-------------------------------------------★
◆SQUEEZE、空きビルを次々ホテルへ
 IT活用、「無人」管理実現
SQUEEZEは、ビルをリノベし、ホテルや民泊に再生する事業を手がける。
さらに、民泊運営ツールも開発し、他社にも販売している。



リフォーム会社の経営ノウハウ
--------------------------------★
◆関川畳商店、リフォーム売り上げ172%増
 ショールームを30坪増
茨城県で畳や水まわりリフォームで5億円を売り上げる関川畳商店は、リフォームショールームを改装して大幅に集客数を増やしている。



Clinic Renovation
---------------------★
◆菜インテリアスタイリング、患者に優しい表装リフォーム
 照明×内装材で心地よい空間に
菜インテリアスタイリングが行った脳神経クリニックのリニューアルを紹介する。
ロビー、診察室、点滴室を改修した。
躯体には手を加えておらず、表装のみのリフォームだ。
照明や内装材を変えることで柔らかな雰囲気になり、患者もスタッフも過ごしやすい環境へと生まれ変わった。



シェアリングエコノミー
--------------------------★
◆スペースマーケット、リノベ物件が月50万円の収益
 使わないとき住まいを時間貸し
東京、渋谷のワンルームアパートの1階に住むサラリーマンのA氏は、1時間単位でスペースを貸し借りできる仲介サイト「スペースマーケット」に自宅を登録。
月に50万円程の副収入を得ている。
仕事に出かけたその時から、彼の自宅はママ会、テレビロケ、雑誌の対談場所などに利用され、不労所得を稼ぎ出す。



インタビュー
----------------★
◆トーヨーキッチンスタイル 清本英嗣社長
~独創的なキッチン目指す
 発想はファッションや車から~
年商37億円を売り上げるトーヨーキッチンスタイルは、アイランドキッチンを日本でいち早く手がけ、世界的インテリアブランドKartell(カルテル)の日本総販売代理店も務める。
昨年5月、現渡辺孝雄会長から清本英嗣社長に交代し、新体制がスタート。
インテリアとキッチンの融合、今後の展開について、清本社長が語った。



最新ニュース
-------------★
◆「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018」タムタムデザインがグランプリ
 故・黒川紀章氏の物件をリノベ
リノベーション協議会主催の「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018」が12月、東京大学本郷キャンパス内で行われた。
総合グランプリにはタムタムデザインの「黒川紀章への手紙(タムタムデザイン+ひまわり)」が選ばれ、2017年以来2度目のグランプリ受賞となった。


◆積水化学工業、FIT後の蓄電販売に注力
 若い人の環境意識の高さ後押し
積水化学工業は、蓄電池の販売推進に力を入れる。
プロダクトNo 1281683407
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 第1,2,3,4月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。