月刊フューネラルビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊フューネラルビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊フューネラルビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊フューネラルビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊フューネラルビジネスの詳細です。


月刊フューネラルビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 月刊フューネラルビジネス
本・雑誌内容 葬祭ビジネス業界向けの経営戦略情報誌。葬祭サービス及び葬祭関連事業を統計的、包括的にまとめ、葬儀社、互助会、農協、生協及び新規参入業者の動向を分析し、関連する葬具メーカー、生花、ギフト、仏壇・仏具といった各界のビジネス動向も合わせて分析するなど、より高度なサービス産業としての事業展開に向けた指針となることを目指しています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
葬祭事業の事業承継

現経営者の高齢化、後継者不足といった事業承継問題を抱える企業がふえている。こうした状況を受け、国は事業承継税制に特例制度を設けるなど、その対策に乗り出した。しかし、こうした制度が設けられても、事業承継が円滑に進むとはいえない。ましてや、中小事業者が数多い葬祭事業にあっては、いわゆる血縁による事業承継が一般的だ。
事業承継において、最優先すべきは「企業DNAの承継」であり、血縁ではない。この企業DNAをいかにつくりあげ、それを継承、発展させていくことが“真の事業承継”ではないだろうか。
本特集では、この事業承継にクローズアップ。特例制度のポイントや事業承継時におけるさまざまなリスク低減法、M&Aによる発展的な事業承継のほか、実際に事業承継に取り組む葬祭事業者の取材を通して、葬祭企業における事業承継を考察する。

■「企業DNA」の承継こそ「事業承継」の真意。
 現経営者の責務は、後継者たる人材の育成と
 「企業DNA」の構築と心得よ――編集部

■事業承継税制――特例制度のポイントと留意点
 ――奥田周年[OAG税理士法人 資産税部 部長 税理士]

■後継者難時代における事業承継リスクの低減策
 ――武内優宏[法律事務所アルシエン 共同代表/弁護士]

■承継パターンの特徴とM&Aによる事業承継の有用性
 ――安藤智之[㈱ストライク 第2企業情報部 シニアアドバイザー]

[事例研究]
◆㈱花安新発田斎場[新潟県新発田市]
 ――“このままでは家業を継ぐことはできない”
   元高校教諭の新世代経営者が歴史ある葬祭事業社に持ち込んだ
   事業承継のあるべき姿とは

◆㈲メモリアル ウエスト[和歌山県美浜町]
 ――“家業から企業”へと脱却目指し抜本的改革に着手。
   「社長代行」を擁立し、スタッフの信任得て事業承継を完結

◆溜屋近藤商店㈱[東京都足立区]
 ――創業300年、老舗の看板と地域密着経営を継承しつつ
   時代に即した経営スタイルを模索

[特集関連インタビュー]
■中道康彰氏
 ㈱家族葬のファミーユ 代表取締役
    ×
■上野雄一郎氏
 ㈱花駒 代表取締役
 ――家族葬のファミーユと花駒がM&A
   シナジー効果を狙った新たな事業承継のカタチ

【Front Runner】
■和合 健一氏 東阪社 代表取締役

【Visual Report】
■セレモ京成佐倉ホール[千葉県佐倉市]
 ――旧館のイメージを一新し、新規客にも訴求
   上質な空間演出で既存客のリピートも狙う

■金華堂 今泉の丘[静岡県富士市]
 ――「儀式ではないきちんとしたお別れ」の場として
   開設した1件貸切型の家族葬専用会館

【FUNERAL REPORT】
■故 西城秀樹 葬儀[青山葬儀所]
 ――1万人の「ヒデキコール」で
   一時代を築いたスター歌手を送る

■故 境野三郎 社葬[本庄市民文化会館]
 ――養鶏会社の創業者を
   約700人が“明るく盛大に”送る
  
■故 安藤典惠 合同葬[馬込斎場]
 ――会社発展に努めた女性創業者を
   400人が音楽葬で送る
   値をわかりやすく訴求

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
■家樹㈱[東京都中央区]
 ――葬祭事業者の活用ツールとして
   家系図作成サービスを提案
  
■㈱テンマック[東京都世田谷区]
 ――半永久的に生花の美しさを保つ
   アイスフラワーを活用した納骨仏壇

【シリーズ企画】葬儀社探訪[1]
■㈱アーバンゲート[静岡県富士市]
プロダクトNo 1281683814
出版社 綜合ユニコム
発売日 毎月25日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。