昭和40年男 定期購読・最新号・バックナンバー

昭和40年男 定期購読・最新号・バックナンバー

昭和40年男の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

昭和40年男の詳細です。


昭和40年男の公式サイトへ
本・雑誌 昭和40年男
本・雑誌内容 昭和40年(~41年3月)生まれの男性のためだけの情報誌。「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」と「明日を生きる活力」を中心に誌面を構成。夢あふれていた少年時代を振り返って当時流行った事物を紹介したり、同世代へのインタビューで40年生まれたちの今を切り取る。
本・雑誌内容詳細 ■特集
「俺たちのお母さん」

・編集部が独断で選んだ俺たちの母100
・フレディの告白・ロック史に残る傑作
『ボヘミアン・ラプソディ』で歌われた母
・ジョン・レノンが 絶唱した母への想い
・実母、そして妻による献身的な愛情の数々…
母性愛が、マンガ家・手塚治虫を作り上げた
・感動! 昭和の歌に刻まれた母への愛
母唄名曲選
・支配し、抑圧し、呪縛する「過剰な愛」
ホラーな母たち…
・コッテコテの大阪っ子を演じた中山千夏が語る
おもろくて、明るくてエネルギッシュ! 浪速のオカン
・母に対する思いを熱く綴った武田鉄矢から知る
男にとって母親とは… 『母に捧げるバラード』
・あなたにはたっぷり笑わせていただきました
昭和のお母さん“あるある”
・怪獣界のクイーン・オブ・マザー
大地の母「モスラ」
・水前寺清子が語るドラマ『ありがとう』
山岡久乃との母子関係
・『金八』から学んだオフクロとのつき合い方
中学時代、俺たちと母親の関係は複雑だった
・学園紛争時代の キャラメル・ママ
・まだまだ手作りが多かったあの時代
“おふくろの味”物語
・角川映画と市川 崑の
『金田一シリーズ』に見る母親
・『8時だョ!全員集合』
実はしつけに厳しい母ちゃんだったんです!
・見栄晴が語る『欽どこ』の母
真屋順子の思い出
・『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』
「おかあたま」はエキセントリックに突っ込みまくった!
・『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『ムー一族』
久世光彦演出の母親像
・昭和40年男が見てきた昭和の母親像
八千草薫
・少年の心に理想の女性像を刻み込んだ永遠の美女
美しき母メーテル
・その造形はすべての“お母さん”の象徴、そして“昭和の母”の理想像
宇宙大の愛・ウルトラの母

■インタビュー
・ガツン!と一言。兄貴の説教/小西康陽
・俺たちのアイドル/千倉真理
・荒海に生きるタメ年男/カール北川
・追憶のボール/宇野 勝

■連載特集 夢、あふれていた俺たちの時代(昭和64年/平成元年)
[再検証]
・F1世界選手権『日本グランプリ』開催
・『三宅裕司のいかすバンド天国』放送開始
・任天堂「ゲームボーイ」発売
・獣神ライガー、東京ドームでデビュー
・1月8日、我々は新しい時代の誕生に立ち合った。新元号『平成』が施行

■健康講座
解決できる?
いつまでも続く、その痛み

■新連載
昭和アイドル・キャッチフレーズ研究所
「チェリーのアイドルボム」小泉今日子

■怒涛の連載記事
・昭和鉄道S40系/急行「八甲田」「十和田」
・みくに文具のプラモ棚「マイ・ベスト・ワンの怪獣プラモ」
・悲惨な戦い「おねしょドリーム カムズトゥルー!」
・安田謙一の西の国から吹くコラム Sangari★a「花柳幻舟」
・昭和40年の男/泉 麻人「日曜お昼のウクレレ男・牧 伸二」
・デジとの遭遇「コレコ/ドンキーコング」
・TVの記憶「科太陽にほえろ!」
・洋楽追想記(最終回)「’80 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ/ダブル・ファンタジー」
・DJフクタケの 謎の円盤POP「歌えガキンチョ! ちびっこレコードの世界」
・気まぐれ福田くん新聞「エゾモモンガ」
プロダクトNo 1281683894
出版社 クレタパブリッシング
発売日 毎奇月11日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。