前衛 定期購読・最新号・バックナンバー

前衛 定期購読・最新号・バックナンバー

前衛の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

前衛の詳細です。


前衛の公式サイトへ
本・雑誌 前衛
本・雑誌内容 世界と日本はどう動き変化しているのだろうか――大きな視点で問題の背景、解決方向、展望を示します。発展する日本共産党の理論や政策・方針が深くつかめます。
本・雑誌内容詳細 東日本大震災から八年
問われる被災地・被災者の復旧・復興、災害対策
[災害シンポジウム]
多発する大規模災害 「今、何が求められているか?」
―東日本大震災から八年間を見つめ直しながら考える
□多発する大規模災害で浮上する新たな問題について
紙 智子
□被災者置き去りの「創造的復興」をやめて被災者に寄り添う「人間の復興」へ
遠藤いく子
□連帯あいさつ
多々良哲/小川静治
□各分野からの報告
医療費/復興公営住宅/在宅被災者/障害者支援/災害援護資金返済/仙台市政

福島原発事故をめぐる賠償の現状と今後の課題
馬奈木厳太郎
安倍政権の地方つぶしへの対抗戦略
岡田知弘
いま、あらためてTPPを問う
―日米FTA=TPP+アメリカ第一の最悪の結合を許さない
真嶋良孝
脱炭素社会に向けた世界の動きと日本の課題
早川光俊
朝鮮3・1独立運動100年――その歴史認識をめぐって
愼 蒼宇
関東大震災 残された「虐殺絵」が私たちになげかけているもの
新井勝紘
シリーズ メディアと民主主義を問う
メディア不信で問われるべきことは何か
―「忖度」「フェイク」と政治との距離
山田健太
米国の核態勢強化を求める日本政府の異様
―「赤旗」が明らかにした「核なき世界」の妨害者の本質
竹下 岳
イラク日報から見るイラク派遣の実態と違憲性
韮澤 彰
今、子ども論と老年期論を結びつけて深める
田中孝彦
[シリーズ]「赤旗」記者取材ノートから
日産を追う―資本主義の非人間性を実感
斎藤和紀
松山文雄『ハンセンエホン 誰のために』の現代的意味(下)
石子 順
論点

馬毛島への米軍訓練 住民とともに跳ね返す
松崎真琴
暮らしの焦点

さいたま九条俳句訴訟 勝訴確定と俳句再掲載を導いた力
小内克浩
メディア時評

[テレビ]AIでジャーナリズムは?
沢木啓三
[新聞]安倍官邸の記者質問への弾圧
阿部 裕
スポーツ最前線

子どものための野球界へ 変化の胎動
和泉民郎
文化の話題

美術 美術をめぐる地道な交流
朽木 一
演劇 明治末、若き女性の成長生き生き
鈴木太郎
音楽 オペラ「紫苑物語」を観る
小村公次
本棚

『学問の自由と研究者のモラル』など
グラビア

「ビキニ事件」から65年 消された被ばく者たち
岡村啓佐

[第七大丸]スコールで体を洗い、海水風呂にも入った
証言:岡崎七孝(1927年生~2018年2月没・高知県室戸市)
プロダクトNo 1281687279
出版社 日本共産党中央委員会
発売日 毎月8日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。