月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く! 原田義昭 環境相
COP24、G20で国際的リーダーシップを発揮したい

【特集】COP24特集 パリ協定と脱炭素
・パリ協定スタートまで2年…課題と展望
日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 プリンシパル 三木 優

・気候変動がもたらすビジネス機会とリスク
地球環境戦略研究機関 戦略マネジメントオフィス ナレッジ・コミュニケーション部長 森 尚樹

・企業の脱炭素経営を後押しする
環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐 岸 雅明 / 同課 環境専門調査員 曽根 拓人

・1.5℃特別報告書のポイントと報告内容が示唆するもの
国立環境研究所 社会環境システム研究センター 地域環境影響評価研究室 室長 肱岡 靖明

・2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
1.5℃に気温上昇を抑えることは可能か? 特別報告書が醸成する新たなスタンダード
WWFジャパン 自然保護室次長/気候変動・エネルギープロジェクトリーダー 小西 雅子

●進化する中国~環境・エネルギー編~
中国政府が進める石炭からガスへの転換政策 最大の課題は、肝心の天然ガスをいかに確保するか
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●エコカーの真実…開発の舞台裏
自動走行は本当に必要なのか? 福井県永平寺町で実証試験がスタート
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
国際電気自動車シンポで知ったクルマの新たな価値 移動手段の枠を越えて環境対策や新サービス創出

●スポーツイベントと持続可能性
東京2020大会におけるボランティア活動の意義 活動体験が持続可能な社会づくりにつながる
SUSPON副代表、環境パートナーシップ会議副代表理事 星野 智子

●未来の扉
産業廃棄物からセメント代替のジオポリマー開発 CO2排出量を従来のコンクリートと比べて8割削減
経済ライター 馬場 隆

●山本隆三の快刀乱麻
パーム油生産国の将来に影を落とす気候変動とEU政策 先進国の対策が途上国の発展を妨げる可能性も

●環境&エネルギー金融の舞台裏
出光・昭シェル統合で問われる創業家という伝統 株式市場は“保守的な収益目標”に落胆、中期計画に注目
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
大都市から水がなくなる日 南アフリカ・ケープタウンのデイゼロ
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の世界の原子力事情
温室効果ガス排出削減に原発は不可欠 IPCC、IEAなどが相次いで報告書を公表

●庄司太郎のエネルギー温故知新
化石燃料・原発関連で広がるダイベストメント 日本のエネルギー事情を考慮し、冷静な対応を

●石油新時代
原油価格の転換局面 政治リスクと経済リスク
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
東京2020大会“選手村”エリアでの再開発事業 タウンネームは「HARUMI FLAG」、水素を活用
「持続可能なパーム油のための日本ネットワーク」設立へ 花王、日本生協連、WWFジャパンなど16企業・団体が参加 ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
日本一の高層ビル「あべのハルカス」の高い環境性能 
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。