INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) 定期購読・最新号・バックナンバー

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) 定期購読・最新号・バックナンバー

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) 定期購読・最新号・バックナンバー

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)の詳細です。


INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)の公式サイトへ
本・雑誌 INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)
本・雑誌内容 経済、産業、政治、社会、日系企業などの1ヶ月の動向をカバーできるのはもちろん、「インド進出企業の現地取材」、「日印の幅広い専門家による解説」など、ビジネス視点で掘り下げた特集記事や、インドを代表する自動車メーカーであるマルチ・スズキ会長のR.C.バルガバ氏による寄稿など充実した内容で、1997年の創刊以来高い評価を得ています。
本・雑誌内容詳細 【表紙写真】

上:ラジャスタン原子力発電所(RAPS)で行われたインドで25基目となる原子炉の着工式 [7月18日 ラワトバタ]
下:印パ外相会談に臨むS.M.クリシュナ外相とヒナ・ラッバーニ・カル外相 [7月27日 ニューデリー]


===============================================================================
特集:グジャラート─未来型産業地域の可能性
================================================================================

マルチ・スズキやフォードなど、最近、グジャラート州への自動車メーカー進出の動きが活発化している。臨海州である同州への集中投資は、国内向けだったインド製造業がグローバル展開に向かう兆候といえよう。
スマートシティ構想や自然エネルギー導入など、インドにおける先進地域、グジャラート州の可能性を展望する。


===============================================================================
特集:インドビジネス・成功の法則(第65回)
================================================================================

都市と地方でインドに貢献 [日本工営]

昨年5月、デリー・ムンバイ間貨物専用鉄道(DFC)西回廊事業のコンサルタントに選ばれた日本工営は、インドの円借款土木事業で圧倒的な実績を持つコンサルタント会社だ。
地方と都市の両輪で活躍する同社のインド事業は新たな高みへ向かいつつある。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆クリントン国務長官訪印、第2回印米戦略対話
◆前進しない印米原子力協力、焦点は損害賠償規定
◆政権発足後2度目の内閣改造、シン政権、最後の改造か
◆次期総選挙、BJPの首相候補は誰か?
◆ムンバイで再び連続テロ事件、国内のイスラム過激派関与か
◆AP州テランガナ分離問題、議員が集団辞職表明
◆ケララ州の新政権、旧政権のインフラ計画を継承
◆UP州、州主任医務官殺害事件─保健基金の汚職疑惑も浮上

【注目ニュース】アフガンから手を引きたい米国


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:RBI、第1四半期レビュー、政策金利を0.5%引き上げ
◆外国直接投資(FDI):総合小売業へのFDI、条件付き解禁へ
◆DEPB:エンジニアリング輸出急増、輸出優遇制度との関連か?
◆印米経済協議:印米戦略的経済提携協議、米国務長官が訪印
◆農業:昨年度の食糧生産、過去最高の2億4,156万トン
◆農村経済:農村地帯での消費が増加─国民消費調査
◆景気減退懸念:財務相、経済界首脳と会談─アクション・プランを作成へ
◆内閣改造経済:関係閣僚の交代、主要閣僚には変更なし

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆アパレル:都会の若者のアパレル需要、ブランド志向が顕著に

◆通信:昨年度の携帯電話端末販売、ノキアの後退が鮮明に
【グラフ】携帯電話販売額の推移/携帯電話契約数の推移/政府の携帯電話販売額予測
【グラフ】ブランド別携帯電話端末のシェア(GSM方式/CDMA方式)
【表】地場系メーカーの生産拡大計画

◆今月の注目ニュース(6/21~7/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)・その他輸送機器
◆トヨタ自動車:TKMが初のハッチバック「リーバ」を発売
◆スズキ:マルチ・スズキ、新型「スイフト」を8月発売か
◆GM(米):小型車「ビート」のEV版を初披露
◆ダイムラー(独):インドに金融サービス子会社を設立
◆ルノー(仏):オートエキスポ2012に新開発小型車を披露へ
◆フィアット(伊):インド向け小型車を開発・発売へ
◆タタ・モーターズ(印):スペインでハイブリッド・バス受注
◆タタ・モーターズ(印):用地返還裁判で最高裁が仮処分命令
◆フォース・モーターズ(印):新型SUVで乗用車市場参入
◆自動車業界、労働規制の緩和を要望
◆本田技研工業:「ユニコーン」納車は6カ月待ち
◆トライアンフ(英):来年にもインドのバイク市場に本格参入
◆ヒーロー・ホンダ(印):ヒーロー・モトコープに社名変更
◆ヒーロー・モトコープ(印):研究開発部門の強化を模索
◆住友電装:インド合弁のMSSLが独ペグドルムを買収
◆プリコル(印):2015年までに売上高を170億ルピーに
◆マヒンドラ・エアロスペース(印):インド初の国産航空機が近く完成

電気・電子機器
◆ソニー:ノートPCでシェア20%を目指す
◆カシオ計算機:売上目標は20%増の25億ルピー
◆LG電子(韓):3Dモニターでゲームセンター事業を展開

精密機器
◆オリンパス:インド市場でシェア10%を目指す

機械
◆ダイキン工業:エアコン価格の引き下げに注力
◆不二越:精密工具の生産子会社を新設
◆ニッキ:インドに子会社を設立
◆東洋エンジニアリング:インドで尿素技術供給契約を調印
◆ビルラ・スーリヤ:総合生産設備に540億ルピー投資

鉄鋼
◆JFE商事:ムンバイ近郊に鋼材加工センターを設立
◆タタ・スティール(印):第1四半期の粗鋼生産が過去最高に
◆JSWスティール(印):鉄鋼生産量がインド1位に

化学
◆三井化学:OPaLに技術ライセンス供与
◆ユニ・チャーム:生理用ナプキン市場に参入

医療・医薬品
◆ボシュロム(米):インド点眼薬市場に参入へ
◆第一三共・ランバクシー(印):後発エイズ薬で米ギリアドと合意
◆オプト・サーキッツ(印):AEDの日本販売でオムロンと合意
◆グレンマーク・ファーマ(印):後発薬訴訟で第一三共と和解

食品・飲料
◆味の素:インドに医薬中間体事業の合弁会社を設立
◆ダノン(仏):現地法人の配給システムを統合

卸売業
◆岩谷産業:グルガオンに現地法人を設立

不動産・住宅
◆フェニックス・グループ(印):複数プロジェクトに200億ルピー

輸送・物流
◆日本通運:プネ地区で通関ライセンスを取得

インフラ関連
◆アルストム(仏):水力発電プロジェクト3件を受注

金融・保険
◆シティ・グループ(米):インド事業、2010年度は78%増益
◆エーデルワイス・ハウジング・ファイナンス(印):個人向け住宅融資300億ルピーの融資を目指す
◆インド生命保険公社(印):金融市場への投資予定額は2兆ルピー超

不動産・住宅
◆タタ・グループ(印):500ユーロ住宅を発売へ

外食
◆ピザハット(米):インド国内の宅配事業を強化へ

アパレル
◆エルメス(仏):ムンバイに1号店をオープン
◆リライアンス・ブランズ(印):化粧品・婦人服でLVMHと提携交渉

サービス
◆三菱総合研究所:鉄道高速化調査のため現地入り
◆オベロイ・ホテルズ(印):旅行誌の読者投票で世界上位に
◆リライアンス・メディアワークス(印):米デジタル・ドメインと提携

その他
◆インドの個人消費、今後3年間で14%の高成長
◆インド市場を牽引する企業20社─トップはインフォシス


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

【新連載】インドを動かす50人(第3回)
◆なお多彩な顔ぶれの財閥リーダーたち
ヌスリ・ワディア/アディ・ゴドレジ/ラフル・バジャージ/ケシュブ・マヒンドラ
◆ワディア家 家系略図

PTI Features─インド最大の通信社特集記事から
◆ブラマプトラ河へのダム建設と印中関係

インドひろい読み
◆私の言い分 「企業はもっと地方に力を注ぐべきだ」 パティル大統領 ほか
◆インド紙社説 「物足りない内閣改造」

インド複眼─今月の視点
◆父・杉山龍丸が半生を捧げたインドにグリーン・ファーザーの足跡を尋ねて 杉山満丸

新刊案内
◆『サイエンティフィック・インディアン The Scientific Indian』
著者/Abudul Kalam ,Y.S. Rajan 発行/Penguin Viking, 2010 価格/399ルピー

味ないんど
◆出漁準備


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

欺瞞法案作成に時間を費やす愚
プロダクトNo 1281687566
出版社 インド・ビジネス・センター
発売日 毎月12日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。