examiner (イグザミナ) 定期購読・最新号・バックナンバー

examiner (イグザミナ) 定期購読・最新号・バックナンバー

examiner (イグザミナ) 定期購読・最新号・バックナンバー

examiner (イグザミナ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

examiner (イグザミナ)の詳細です。


examiner (イグザミナ)の公式サイトへ
本・雑誌 examiner (イグザミナ)
本・雑誌内容 イグザミナの創刊は1987年10月号。「タウン情報誌ではない、ジャーナリズムを基調とした月刊総合誌を大阪から」という志で船出した。関西は日本の歴史と文化の発祥の地でありながら、人(個人・法人)、物、情報はいつしか東京に移り、特に出版とりわけ雑誌の世界は中央一極集中といっても過言ではない状況にある。地元関西の情報ですら東京のメディアを通じてしか手に入らないというバカげた現実は、創刊以来何も変わってはいない。いや、情報通信網の爆発的な発達にもかかわらず、その病はひたすら進行していると言える。東京発の情報ばかりが巷に氾濫するなかで、全国区のニュースのような顔をして実は東京という一地域のローカル情報である場合も少なくない。であるにもかかわらず、その情報をありがたく頂いて東京に追随しようとする「地方」はますます均一化していく。必要なのは多面的な視点であって、追従でも対抗でもない。いま日本の社会で起こっていること、人間の行なっていることが、東京という一つの視点だけでわかるはずはないのだから。あらゆる部分に全体性が、独自なものに普遍性が宿る……関西を中心に取材をしながら、そう、イグザミナは決してローカル誌ではない。コンセプトは「人に肉薄し、社会を俯瞰する総合誌」。もちろん、あくまで基本はジャーナリズム。ただし、そのスタイルは、重々しいテーマも、流行を追いかける好奇心も、アカデミックな知識も、マニアックな興味も、現場主義も、高邁な理想も、気楽な息抜きも、本質的な議論も、芸術そして商売も、すべてを同列で楽しもうというもの。しかも、「いかにも」ではないデザインで。
本・雑誌内容詳細 東京一極集中は世界競争で勝つ「解」か?-大阪経済は地盤沈下し、地方も疲弊
プロダクトNo 1281690512
出版社 イグザミナ
発売日 毎月15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。