大澤真幸 THINKING O(シンキングオー) 定期購読・最新号・バックナンバー

大澤真幸 THINKING O(シンキングオー) 定期購読・最新号・バックナンバー

大澤真幸 THINKING O(シンキングオー) 定期購読・最新号・バックナンバー

大澤真幸 THINKING O(シンキングオー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大澤真幸 THINKING O(シンキングオー)の詳細です。


大澤真幸 THINKING O(シンキングオー)の公式サイトへ
本・雑誌 大澤真幸 THINKING O(シンキングオー)
本・雑誌内容 「われわれはどこに行くのか、どこに行きうるのか。これらのことを知り、また構想するためには、われわれがどこにいるのか、どこから来たのかを知らなくてはならない。未来への構想力を解放するために、現代社会を、〈現在〉を、アクチュアリティと理論的深度の両方を兼ね備えたかたちで考察すること、それが月刊誌『O』のねらいである」(創刊の辞より)
本・雑誌内容詳細 キリスト教がわかって、初めて近代もグローバリズムもわかる!
『ふしぎなキリスト教』の続編とも言うべき、橋爪大三郎氏、大澤真幸氏の対談のほか、大貫隆氏と高橋源一郎氏をまじえた徹底討論を掲載。大澤真幸THINKING「O」シリーズ、装丁一新!

[対談、シンポジウムより]
・社会契約論にあるキリスト教の論理
・資本主義の発生にキリスト教は欠かせないのか
・『ふしぎなキリスト教』への指摘
・「信じる」とはどういうことか
・贖罪論を整理する
・戦争責任についても参考になるキリスト教
・マルクス主義とキリスト教はそっくり
・一神教のメリットとデメリット
・「私は思う」の想像力
・なぜ、近代になってキリスト教の影響力が強まったか
・歴史学にもあるキリスト教の影響
・阿弥陀仏とGodの違い
・『精神現象学』はヨハネ福音書そのもの
・キリスト教徒は戦争がうまい
・なぜ、キリスト教はグローバル化したか
・中国はキリスト教文明にとって代わるか

[対談]
 近代社会のなかのふしぎなキリスト教  橋爪大三郎+大澤真幸
[シンポジウム]
 大貫隆+高橋源一郎+橋爪大三郎+大澤真幸
 一神教とは何か [やっぱりふしぎなキリスト教1]
 グローバリゼーションのなかで [やっぱりふしぎなキリスト教2]
[論文] 「世界史」から〈世界史〉へ  大澤真幸
[連載] 〈論文の技法〉第3回 テーマの設定1 人生の主題と学問の課題  大澤真幸
プロダクトNo 1281690645
出版社 左右社
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。