SLIDER(スライダー) 定期購読・最新号・バックナンバー

SLIDER(スライダー) 定期購読・最新号・バックナンバー

SLIDER(スライダー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

SLIDER(スライダー)の詳細です。


SLIDER(スライダー)の公式サイトへ
本・雑誌 SLIDER(スライダー)
本・雑誌内容 スケートにまつわる「人」・「モノ」・「ヒストリー」を毎号海外取材をきっちりと敢行して充実したコンテンツをお 届けするスライダーは、”スケート”を文化として捉えるカルチャーマガジンです。現代のスケート文化はもちろんのこと、スケート草創期の1960年代、Zボーイズが台頭した1970年代、トニーホークやスティーブ・キャバレロに代表される1980年代、そしてストリートシーンが盛り上がった1990年代など、その時々のヒストリーや土地にスポットを当て、アート・ファッション・音楽、そしてエクイップメントなどこれまでの過去や現代の「スケート・カルチャー」を総合的に紹介する本とします。
本・雑誌内容詳細 [Special Feature 01] ANDREW ALLEN

10年間在籍したANTIHEROを去り、HOCKEYに加入したのが2016年。
それ以来、ノンストップでフッテージを世に送り出し続けてきた。
HOCKEYのワーキングクラスヒーロー、ヘッシュ&テックの完成形。
AAことアンドリュー・アレンの現在。


[Special Feature 02] TOKYO '80s

キヨセ、代々木公園歩行者天国、渋谷児童館(美竹公園)……が当時のスケートスポット。
そこにいるのは70年代ブームの生き残りから新参者を含めても、どこかで顔を見たことがあるメンツばかりだった。
知らない人同士が出会ったら声をかけるのはごく普通のことだった。
スケーターと出会うことに価値があった。ブームは急に起こった。違和感は最初だけだった。
いつしか僕らは、さまざまな色が混ざった波を漂い、流れに身を任せた。


[Special Feature 03] CHAOS

人間の価値観、世界観は実に多種多様で、それぞれの生き方に直結している。
さまざまな想いを抱き、それぞれの方向を目指す人々が混在している。
それはスケートボーダーに限ったとて例外ではない。
CHAOS=混沌、混乱、無秩序。「いろんなやつがいる」ことが面白い。


その他のコンテンツ

・長瀬智也スペシャルコラム

・MARK OBLOWのインタビュー

・BRIXTON JP発足、初となるツアー

・Carhartt WIPがフランス・マルセイユへ

・LOVE + GUTSアートショー

……etc!
プロダクトNo 1281692294
出版社 ネコ・パブリッシング
発売日 3,6,9,12月の31日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。