Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の詳細です。


Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の公式サイトへ
本・雑誌 Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)
本・雑誌内容 本誌は、「月刊アームズマガジン」の増刊として発売、2012年8月号より独立創刊し月刊誌となりました。床井雅美氏、Turk Takano氏、Toshi氏をはじめとする、実銃専門誌で活躍してきた海外ライターが一挙集結し、日本では見ることのできない海外の銃器に関する最新情報を毎月発信する銃と射撃の専門誌です。≪メインコンテンツ≫★海外実銃レポート★上記ライター陣による各地での取材レポート。★国内トイガンレポート★アームズマガジン誌とはコンセプトの異なる角度から、国内製品や実銃をインプレッション。★国内シューティングレポート★日本国内の実銃射撃、銃砲の情報を掲載。
本・雑誌内容詳細 ガンプロフェッショナルズ9月号は特集“MAGNUM(マグナム)ハンドガン、その過去と現在”をお届けします。
マグナムブームが起こったのは1971年の映画『Dirty Harry(ダーティハリー)』がきっかけです。
この映画が公開されて以降、マグナムという言葉は世界中に広まり、日本でも知らない人はいないほど有名になりました。
あれから45年以上が経過した今、改めてマグナムの魅力を掘り下げてみたいと思います。

70年代に注目され、世界中にファンを持ちながらも消えていった.44オートマグが改良されて復活しようとしています。
新生オートマグの今を確認すべく、サウスカロライナのオートマグLtd.Corp.を訪問、新型と旧型の違いについて詳しくレポートしました。

2007年に開発されたもっとも新しいマグナムカートリッジ327フェデラルマグナムについては、コンパクトなLCRxと大型のGP100を用いた別々のレポートで解説します。

他にも、トーラスの現行型7連発.357マグナムといった新しいものをご紹介しつつ、もちろん、往年の傑作マグナムリボルバーの数々も一挙にお見せします。
パイソン、モデル29、ハイウェイパトロールマン、トルーパー、コンバットマグナムなど、マグナムの最新モデルから70年代に一世を風靡したモデルまで、
マグナムハンドガンの魅力をお楽しみください。

特集
マグナムハンドガンズ その過去と現在
現代に蘇った新生.44オートマグ
トーラス.357マグナム モデル627
S&W .44マウンテンリボルバー&モデル65、66
ルガー.327フェデラルマグナムGP100
ルガー.327フェデラルマグナムLCRx
往年の名作から迷作、そして最新モデルまで、マグナムハンドガン18選
パフォーマンスセンターモデル629

その他
タンフォリオ ストックIIエクストリーム
CZ75 後退する銃身をクロスピンで止めるのは問題か?

イベントレポート
2018ユーロサトリ
プロダクトNo 1281693137
出版社 ホビージャパン
発売日 毎月27日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。