Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー) 定期購読・最新号・バックナンバー

Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー) 定期購読・最新号・バックナンバー

Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)の詳細です。


Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)の公式サイトへ
本・雑誌 Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)
本・雑誌内容 ファッションを軸に、ビューティ、アート、カルチャー、インテリア、社会課題にいたるまで…あらゆる世代の女性たちのライフスタイルに必要なエッセンスを、斬新なビジュアルと読み応えのあるテキストで発信しています。 定期購読すると、日本版はもちろん、US版Harper’s BAZAARのデジタル版が読めるほか、特別コンテンツやポストカードのプレゼントなど…お得が満載です。
本・雑誌内容詳細 『ハーパーズ バザー』7・8月合併号は、カバーに俳優の満島ひかりさんが登場!
大人世代の女性のための「ヘア」「ボディ」にフォーカスした2つのビューティ特集をお届けします。
そのほか、水晶玉子、Love Me Do、Keiko、大石眞行が占う「2022年下半期占い特集」など
気になるコンテンツが満載。

1
●心と体が輝くビューティ新時代
To be BEAUTIFUL means to be YOURSELF
この7・8月合併号では“自分で決める”をコンセプトに、2つのビューティ特集をお届けします。

2
●ヘアで魅せる、満島ひかりというアイデンティティ
新ドラマもスタートし、ますます躍動する俳優、満島ひかり。「ヘアって、人を変えるね」と言う彼女が
表紙の素髪から一転、カラーウィッグを取り入れて、新たな自己表現にトライ。

3
●私のカラダは私が決める
UNFPA(国連人口基金)が2021年に発表した『世界人口白書』のテーマは「Bodily Autonomy」。今、この言葉が世界で注目されている。
「ボディリー・オートノミー」とはすなわち、「体の自己決定権」。自分の体は自分のものであり、体に関するさまざまなことは自分で決定する権利がある、という意味だ。
「それは当たり前のことでは?」と思った人がいるかもしれない。しかしそうではない現実があるからこそ、セレブリティたちは時に自分の体について明かしながら声を上げているのだ。
本来は自己決定すべき自分の体であるのに、とりわけ避妊、中絶、セックス、メンタルヘルスの問題になると、私たちは本来選びたいものが選べていない。
この4テーマについて、専門家の意見を聞きながら探ってみたい。

4
●幸運を導く2022年下半期占い
今年もあっというまに折り返し地点。上半期を平穏に過ごした人もそうでない人も、
あなたを待ち受ける下半期の運勢を知って行動することは、2022年の有終の美を飾るための近道になるはず。

5
●ハイジュエリーが描く夢
信じがたいほどの輝きとパワーを放つジュエリーは、もしかすると幻なのだろうか。
シュルレアリズムの絵画のように奇妙で美しく、見るものを魅了する夢の世界へ。

6
●大平修蔵と学ぶよりよい未来
2020年に彗星のごとく現れた、俳優、モデル、デジタルクリエイターの大平修蔵。
SNSで現在700万人以上のフォロワーを持つ若き才能が、ファッションを通して
若い世代にSDGsの重要性を伝えるとしたら? 
明るい未来のために、彼が表現する装いの力とそのメッセージ。
プロダクトNo 1281695382
出版社 ハースト婦人画報社
発売日 1,2,3,4,5,7,8,9,10,11月の20日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。