DIME(ダイム) 定期購読・最新号・バックナンバー

DIME(ダイム) 定期購読・最新号・バックナンバー

DIME(ダイム)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

DIME(ダイム)の詳細です。


DIME(ダイム)の公式サイトへ
本・雑誌 DIME(ダイム)
本・雑誌内容 心(自己啓発、社内コミュニケーション・・・)、技(ガジェットや手帳、マネー情報・・・)、体(カラダマネジメント)、電気機器のトレンドに関する特集やクレジットカード、出張の裏技などビジネスパーソンの最新オン・オフ情報を厳選するライフスタイルマガジン。近年では実用的付録が付く事も多々あり。
本・雑誌内容詳細 ◆DIME SPECIAL 1 編集部員が本気で欲しいものだけを厳選 コスパ最強のガジェットが豊作! 秋の新製品ベストバイ100

◆高額品はラストチャンス! 被災地への直接寄付もできる! まだ間に合う! ふるさと納税必勝法

◆DIME SPECIAL 2 ほぼ日、ロディア、コクヨ、LIHIT LAB.、ミドリetc. 新時代を生き抜くための「成功」手帳14選

◆DIME SPECIAL 3 インスタを凌駕する「TikTok」、一躍「スター」「金儲け」になるライブ配信アプリetc. Z世代が熱狂する一攫千金コンテンツ

【特別付録】DIME×iRobot ロボット掃除機『ルンバ』型メジャー

プロダクトNo 1608
出版社 小学館
発売日 毎月16日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。