電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電気と工事の詳細です。


電気と工事の公式サイトへ
本・雑誌 電気と工事
本・雑誌内容 超高層ビルから工場、集合住宅、戸建住宅、さらに高圧・低圧配線から情報配線まで、電気設備工事に従事する技術者の現場実務を解説します。新設、リニューアル、またエコロジカルな要求を取り入れた新技術・新工法などの解説も行います。電気工事で必要とされる「第一種・第二種電気工事士」、「消防設備士甲種4類」、「1級電気工事施工管理技士」などの資格取得のための講座も連載しています。
本・雑誌内容詳細 ■特集
新入社員を迎える側の準備
志村 満(志村コンサルタント事務所)
せっかく新入社員を採用しても受け入れ体制が不十分だと不安や不満を持ちやすく、
早期退職につながります。会社になじむためには、入社前の準備、入社時および部署配属時の
受け入れ体制が重要です。新入社員の関心は、職場環境から始まり、しだいに仕事そのものに移ります。
早期退職を防ぐために受け入れ体制の注意ポイントを理解して準備しましょう。


■特設
ベテランも必読!
高圧受電設備のしくみと役割 その3【最終回】
山崎 芳彦((一財)関東電気保安協会)


■インタビュー
モノづくりのプロフェッショナルたち
「翼型」で現場の課題を解決!
キャビネット扉の
ニュータイプ
木下 寛之(内外電機)


■フォトグラフ
鵜目高野眼
展示会に行こう@環境について考える
編集部


■一般記事
・震災に備えよう
 ケーブルラックの選定と耐震施工
 小畑 佳以(ネグロス電工)

・教育の現場を歩く! 工業高校編
 自主管理を推進中
 現代にアップデートした伝統校の新メソッド
 @群馬県立伊勢崎工業高等学校
 編集部

・全日電工連青年部活動紹介
 Go Forward from 第5回全国青年部会員大会
 編集部


■試験対策
・電気工事士×計算問題 王手飛車取り!
 第14回 三相交流回路の基礎を学習する
 不動 弘幸

・~電気工事資格対策編~ たとえて学ぶ! 電気理論
 第50回 磁気に関する法則について詳しく学ぼう! その3
 磯村 和也(大阪府立都島工業高等学校)

・第一種電気工事士筆記試験 突破スタジアム
 第4回 電気に関する基礎理論(その1)
 編集部

・1級電気工事施工管理技術検定
 天使の和田塾②
 和田 保久(和田技術士事務所)

・消防設備士 甲種第4類 これを押さえて!
 第11回 自動火災報知設備の設置(3)
 川野 泰幸


■連載
・電気通信工事の疑問はコニタンに聞いて!
 第11回 光コネクターの色の違い
 小西 治彦(全国情報配線施工技能士会)

・消防設備士はかく語りき
 第35回 なぜ消防士と消防設備士は転職に失敗するのか
 青木 俊輔(青木防災)

・医療施設の仕事を取る!
  電気工事士、ホスピタルエンジニアを目指すべし
 第11回 病院の災害対策
 藤原 秀明(ふじわら技術士事務所)

・SPDによる雷サージ保護対策
 正しいSPDの選定、設置、施工方法
 第2回 雷サージの種類と対応するSPD
 垣内 健介(昭電)

・人材不足を解消! 建設業の働き方改革、始めました
 第14回 なぜ働き方改革がうまくいかないのか
 降籏 達生(ハタ コンサルタント)

・なるほど! わかる! モノゴトをナナメから見てみよう
 第137回 エレファント・カーブの経済学
 田中 秀臣(上武大学)

・“電気交渉人” 一之瀬愛理の… 人を動かすスキルアップ講座
 第150回 一人一人を尊重し「社会的手抜き」を防ぐ
 志村 満(志村コンサルタント事務所)
プロダクトNo 1787
出版社 オーム社
発売日 毎月15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。