なごみ 定期購読・最新号・バックナンバー

なごみ 定期購読・最新号・バックナンバー

なごみの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

なごみの詳細です。


なごみの公式サイトへ
本・雑誌 なごみ
本・雑誌内容 今日ほど、「和の心」が渇望されている時代はありません。日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化「茶の湯」に範をとり、月刊毎号特集ページを充実、現代の「茶のあるくらし」=「和のあるくらし」を提案しています。
本・雑誌内容詳細 なごみ2019年1月号
茶人が愛した素朴のうつわ 高麗茶碗

【大特集】
茶人が愛した素朴のうつわ 高麗茶碗

◎特集の内容
井戸・刷毛目・粉引……利休・織部・遠州と、歴史上茶人たちがこよなく愛してきた朝鮮渡来の茶碗「高麗茶碗」。最新知見を交えつつ、高麗茶碗の魅力を徹底解剖します。

・陶芸家・辻村史朗・大井戸茶碗 銘「対馬」を観る
・技法別で知る 高麗茶碗の見どころ (砂澤祐子)
・高麗茶碗への三つの問いかけ (吉良文男)
・井戸茶碗はどこから来たのか (黒田草臣)
・コレクターが開く 高麗づくしの茶会 (大森敬吾)
・浅川伯教と近代数寄者 (依田 徹)
・高麗茶碗と千利休が生きた時代 (八尾嘉男)

【連載】
・不惑問答 「水谷八重子さん」(藤間勘十郎)

・東西おいしい往復書簡「神田まつや」(平松洋子)

・TOKYO市中の山居「富士がいる 冨士見亭」(ホンマタカシ)

・日本のおはなし「日本昔話の謎」(森 絵都)

・御ちまき司 川端道喜とわたし「土の子供たち」(川端知嘉子)

・3つのキーワードで組み立てる 茶会のヒント「成人を祝う茶会」(桂 宗裕)

・戸棚の奥のコトバ「ふんべつ」(金田一秀穂)

・京都派の遺伝子「ジョン・アイナーセン(『Kyoto Journal』創刊者)」(エバレット・ケネディ・ブラウン)

・江戸ザ・マニア「「おもと」江戸の珍園芸」(浅生ハルミン)

・能楽ものがたり「小狐の剣―小鍛冶(一)」(澤田瞳子)

・くずし字学習帳「大中臣能宣」(兼築信行)

・利休・織部・遠州 くらべる茶の湯史「くらべる『生涯』」(神津朝夫)

・禅語トランスレーション「松無古今色 竹有上下節」(松原正樹)

・女将さんオススメの水屋見舞い「抹茶一口アイスクリーム」

・お家でできる着物の手入れ「まず、脱ぎ方が大事」(富澤輝実子)

・なごみ寄席「暮れから正月に聴きたい大ネタ」(広瀬和生)

・なごみBooks/Theater/Museum
プロダクトNo 1909
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。