配管技術 定期購読・最新号・バックナンバー

配管技術 定期購読・最新号・バックナンバー

配管技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

配管技術の詳細です。


配管技術の公式サイトへ
本・雑誌 配管技術
本・雑誌内容 本誌は装置工学の黎明期、昭和34年に創刊、以来、石油、石油化学、原子力化学工業など装置工業のエンジニアリングに関する斯界を代表する専門技術雑誌として定評をいただいております。 配管を機器と機器、装置と装置を単につなぐと云うことでなく、それを構成するすべての機器、材料、システム等についてその技術的背景、コスト、法規、設計、施工、検査、安全、メンテナンスと多角的な検討を行い、プラント全体としてとらえる、プラントエンジニアリング誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
〔展望・解説〕
○人工知能(AI)による触媒反応の収率予測技術 /(国研)産業技術総合研究所/矢田 陽・佐藤一彦
触媒化学と人工知能(AI)の融合研究「キャタリストインフォマティクス」の概要について解説する。触媒反応の実験データを機械学習して構築したAIで、触媒反応の収率を予測する研究事例について紹介する。

○製油所向けプラットフォームの開発/(一財)石油エネルギー技術センター/秋本 淳
IoTやAI等を活用した製油所設備の異常解析の構築にはビッグデータが必要であり、解析モデル開発に係る経済的負担も大きい。本報告では、解析モデルやデータを共有する製油所向けプラットフォームを紹介する。

○国際ガス連盟(IGU)「世界LNG報告2018年版」報告(上)/LNG経済研究会/大先一正
2017年の世界全体のLNG貿易量は前年比14%増の2.9億tに達した、生産面では豪州と米国、輸入面では中国が牽引役を果たしており、国際LNG産業は数量のみならず、技術や市場等の面でも新たな発展期を迎えている。

○高レベル廃液中から、パラジウムなど4種の元素を分離・回収する技術/東芝エネルギーシステムズ㈱/高橋優也
当社は、二次廃棄物の発生が少ない分離方法を利用して、高レベル放射性廃液中から長寿命核分裂生成物を含む四つの元素を個別に化学分離し、金属として回収する技術を考案した。

〔運転・保守〕
○路面を傷つけずに水道管の腐食性土壌を調査/(国研)産業技術総合研究所/神宮司元治
路面を傷つけずに、地盤の比抵抗を測定できる高周波交流電気探査装置を開発した。本技術は、水道管周辺の比抵抗を測定することで,水道管の腐食リスクの推定が可能である。本技術は、社会的課題である老朽水道管の更新優先度の決定に寄与すると期待される。

○エロージョン・コロージョンに優れた表面改質技術と製品/エア・ウォーターNV㈱/冨士川尚男
プラント配管などでよく経験されるエロージョン・コロージョン損傷の対策として、オーステナイトステンレス鋼にCr炭化物ないしは窒化物を生成させない耐食性の優れた浸炭ないしは窒化技術を開発し、紹介する。また硬くて耐熱・耐食性も備えたCr窒化物層を表面に厚く生成させる処理も開発したので、その紹介も行う。

〔法規・規格〕
○ASME Section Ⅷ Division 1の概要/オフィスNOTO/能登高志
プラントを構成する圧力容器の設計・製作規格として国際的に最も広く適用されているASME B & P.V. Code SectionⅧ Div.1の概要を国内規格との相違点を含めて解説する。

■連載
○石油、石油化学、天然ガス分野の組織に対する品質マネジメントシステムの解説 第2回
品質マネジメントシステム/鏡 孝
第1回では、ISO/DIS 29001:2018の第0.0項から第6項までを解説した。この第2回では、ISO/DIS 29001 :2018の第7項から第10項を解説する。これでISO/DIS 29001 :2018の全項の解説を終えるが、続く、第3回及び第4回では、ISO/DIS 29001 :2018を取り込んだ品質マニュアルの例を紹介する。

■特集:高経年化設備の検査・診断技術
○影画像に基づく自動姿勢調整機能を備えた管内検査ロボット/立命館大学/加古川 篤・馬 書根
本稿では、内径約100mmの4インチ管を対象とした多リンク型の管内検査ロボットの取り組みについて述べると共に、曲管内に現れる影画像を利用した自動姿勢調整機能について紹介する。

○3次元計測装置による目視検査の定量化/㈱セイコーウェーブ/新村 稔
本稿では、配管や圧力容器の表面に発生した損傷の近接目視検査に代わり、表面状態を効率的に定量化することが可能な光学式非接触3次元計測手法を利用した、損傷計測施工事例や供用適性評価規格の適用事例などを解説する。

■製品技術情報
○温泉利用設備のスケール対策/アクアス㈱/藤田秀磨・縣 邦雄
温泉は貴重な資源として、入浴に加えバイナリー発電に利用される。この時、スケール生成が安定稼働の障害となる。温泉水利用設備の安定かつ効率の良い稼働を可能とする、スケール防止技術を解説する。

○VOCやPRTR対策に有効な調節弁/アズビル㈱/宮原 崇
産業プラントにおけるVOCやPRTR対象物質の排出削減など環境課題の対応に貢献する調節弁用ロー・エミッション・グランドパッキンについて紹介する。

○気液反応プラント/エカート㈱/Werner Himmelsbach・Peter Rojan
不均質触媒を使用した際に攪拌反応器内で頻繁に見られる多相水素化は反応の基本的な知識と作用から、水素化プロセス拡大における相互関係や水素化反応器の構成について解説する。また、効果的なエンジニア開発技術の概要、本格的な工業用水素化プラントの設計や建設について紹介する。

○溶剤回収型汎用省エネ蒸留システム/関西化学機械製作㈱/片岡邦夫
リボイラにウォールウェッタ―蒸発缶を用いた蒸留システムであり、塔頂に原料予熱用補助コンデンサを付設している。バッチ操作でありながら、蒸気供給量が一定で安定運転がしやすく、操作性に優れる。省エネ、時短性、汎用性、メンテ性に優れ、多様な溶剤回収などに適用される。

○配管の腐食を長期予防するシリコーンゴムテープ/東日本旅客鉄道㈱/佐藤昭良/旭日産業㈱/伊藤 通/信越ポリマー㈱/張ヶ谷竜一
金属配管のねじ部や溶接部の腐食を長期予防する材料として「サビ御用」(自己融着性シリコーンゴムテープ)を共同開発した経緯、シリコーンゴムの特性及び製品の特長等について紹介する。

○軸力を利用した摩擦に依存しないねじの緩み止め機構/㈱ノルトロックジャパン/竹中正人
軸力を利用した、摩擦に依存しないねじのゆるみ止め「ノルトロックワッシャー」の原理、性能評価試験、配管関連での採用事例を紹介する。

○1,000℃以上で使用可能なシートガスケット/㈱バルカー/高橋聡美
高温・低圧用途におけるガスケットの漏れや固着等の課題を解決したシートガスケット、バルカーヒートレジストシート TM No.HRSの特性を紹介する。

○IoT(Information of Trouble)化に貢献する長距離データ伝送システム/㈱村上技研産業/村上 功・西村正明
離れた場所にある測定器等のデータを、通信料金無しで簡単に伝送できる本システムの通信技術とメリットを挙げ、当社製品や企業への導入事例を紹介する。
プロダクトNo 2032
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。