AERA(アエラ) 定期購読・最新号・バックナンバー

AERA(アエラ) 定期購読・最新号・バックナンバー

AERA(アエラ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

AERA(アエラ)の詳細です。


AERA(アエラ)の公式サイトへ
本・雑誌 AERA(アエラ)
本・雑誌内容 2008年に創刊20周年を迎えるAERA(アエラ)。国内外の重大ニュースから身の周りの小さな出来事まで、「時代」を敏感にキャッチし、独自の視点で掘り下げた記事をお届けします。政治、経済、事件、スポーツ、文化、人物…、追いかけるジャンルは硬軟を問いません。悩み多き現代人の生き方のヒントになる記事にも力を入れています。「ビジュアル重視」も大きな特長です。写真やイラスト、グラフィックは量・質とも他誌の追随を許しません。養老孟司さん、高村薫さん、姜尚中さんなど個性あふれる面々のコラムもお楽しみください。
本・雑誌内容詳細 大特集
あなたのアイデアを引き出す方法

ビジネス
「思いつかない!」からの脱出法
必要なのは「伴走者」と「壁打ち相手」/「議論メシ」/「一万円選書」

ノウハウ
ビジネスエリートは「美意識」を磨く
「はたらける美術館」で鑑賞しながら議論/「美意識」が問題発見能力鍛える


アイデア本10冊読んで生み出した「オカンの布団めくり」
名著『アイデアのつくり方』から最新ヒット『アウトプット大全』まで

子ども
「せめて子どもには発想力を」という親の悲鳴

思考
アイデア出しの定番「付箋」に思わぬ落とし穴
「雑多なものの中からわかろうとするプロセスがそぎ落とされる」

実践
伝わる資料は「ワード1枚」
「企画書は手書きがいい」「プレゼンを回す技術より簡潔な資料」

メディア
YouTuberの企画力は「人柄」だった

時代を読む
米国国境ルポ メキシコ側でも差別を生んだ

音楽
QUEEN やっぱり愛してる!
元洋楽少女の愛が復活/ロック好きに見下された怨念がブーム再燃の原動力
元「ミュージック・ライフ」編集長 フレディの絶唱に泣いた理由

アート
北朝鮮絵画が描く「兵士」と「日常」
森村泰昌の個人美術館はトタン屋根の家
ピカピカしてない大阪・北加賀屋に開館/町とアートの「未来へのアプローチ」

英国
ウィリアムとハリーが「カインとアベル」に

子ども
企業主導型保育所「緩い規制」で7割に問題

科学
「ゲノム編集した人間の双子」の行き着く先は

社会
外国人労働者「事前教育不要化」に現場が戦々恐々

ラジオ
村上春樹 「クールなクリスマスソング」を蔵出し
「村上RADIO」第3弾まもなくオンエア/仕掛け人が描く舞台裏

サッカー
南野・中島・堂安・乾 サッカー日本代表イケメン新時代


表紙の人
乾 貴士・プロサッカー選手

現代の肖像
坂中英徳・移民政策研究所所長/大平 誠

AERA-note
編集長敬白


好評連載
eyes 姜尚中 東浩紀
石井裕也のウーハイあるいはウーロンハイ
マキタスポーツのおぢ産おぢ消
厚切りジェイソンの厚切りビジネス英語
佐藤 優の実践ニュース塾
ぐっちーさんのここだけの話
オチビサン 安野百葉子
師匠と弟子 凸版印刷
はたらく夫婦カンケイ
Zeebraの多彩な野菜

AERIAL
アエラ読書部
星野博美 評 『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源 「密漁ビジネス」を追う』
この人のこの本 望月衣塑子
書店員さんオススメの一冊

竹増貞信のコンビニ百里の道をゆく
福岡伸一の生命探検
小島慶子の幸複のススメ!
沖 昌之の今週の猫しゃあしゃあ
稲垣えみ子のアフロ画報
いま観るシネマ ベネディクト・カンバーバッチ
ジェーン・スーの先日、お目に掛かりまして season2


今週の1行コピー
フレディかっくいーン!
プロダクトNo 25
出版社 朝日新聞出版
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。