礼拝と音楽 定期購読・最新号・バックナンバー

礼拝と音楽 定期購読・最新号・バックナンバー

礼拝と音楽の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

礼拝と音楽の詳細です。


礼拝と音楽の公式サイトへ
本・雑誌 礼拝と音楽
本・雑誌内容 日本のキリスト教界における「礼拝と音楽」に関して、本誌は最も伝統と信頼性がある研究誌と言っても過言ではありません。毎号1つの特集を組み、その分野の専門家から寄稿して頂きます。これまでに「オラトリオ」「カルヴァン」「メンデルスゾーン」「ミサとミサ曲」「祝福と派遣」「戦争と平和」など、特長のある様々な特集を組んできました。また、「礼拝と音楽」に関連する連載、読書紹介、演奏会案内、教会で用いる聖書日課などを収録しています。
本・雑誌内容詳細 特集=聖霊

聖霊。三位一体の神の「顔」のなかで、いちばん身近なはずなのに、いちばんわからない。「わからない」から、性質のまったく異なるさまざまな現象にたとえられてきた。「わからない」から、その理解をめぐって分裂も起こった。今わたしたちは、「わからない」けれどこの世界でたしかに働かれる聖霊によって、多様なまま一つにされる未来を信じたい。

◆ペルソナ(一つの位格)としての聖霊
 ──私の内なる他者とともに生きるよろこび……阿部仲麻呂
◆礼拝における聖霊の働き──聖公会『祈祷書』の視点から……宮﨑 光
◆聖霊を歌う賛美歌……荒瀬牧彦
◆古代における聖霊 東方正教会……大森正樹、西方教会……小高 毅
◆ウェスレーと聖霊──神より生まれて……藤本 満
◆ペンテコステ派と聖霊……鈴木正和
◆《エッセイ》奏楽の中に聖霊が働かれる……加藤千加子

【報告】
クリスマス・ヒム・フェスティバル……編集部

【新連載】
折々の礼拝(1)……小栗献

【好評連載】
◇礼拝とシンボル(19)……文=宮越俊光、画=吉永直子
◇“コンテンポラリー”を識る(6)……井上 義
プロダクトNo 2813
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 1,4,7,10月の11日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。