おかずのクッキング 定期購読・最新号・バックナンバー

おかずのクッキング 定期購読・最新号・バックナンバー

おかずのクッキングの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

おかずのクッキングの詳細です。


おかずのクッキングの公式サイトへ
本・雑誌 おかずのクッキング
本・雑誌内容 料理研究家の土井善晴さんをはじめ、コウケンテツさん、日本料理「賛否両論」の笠原将弘さん、和食界のプリンス柳原尚之さん、浜内千波さん、ウー・ウェンさんらによる、旬の素材を使ったシンプルで作りやすい家庭料理の数々を紹介。料理のちょっとしたコツから、プロの技、日本の食文化まで情報も盛りだくさん。雑誌や番組を“見るだけで料理上手”になれるはず!
本・雑誌内容詳細 おかずのクッキング 219号(2018年12月/2019年1月号)

【 ※電子版には掲載していない画像や広告ページ等があります。また、付録はついていません。ご了承ください。 】

■巻頭特集
土井善晴先生の
あったかい一人寄せ鍋
今年のおせち

■今月の特集
笠原将弘さん&コウケンテツさんの「盛り上がる!絶品ごちそう肉レシピ」

■今月の第2特集
渡辺有子さんの「季節の野菜と揚げものでおもてなし」

■土井善晴先生のテレビテキスト
<素材のレシピ>
玉ねぎ
のり

■大原千鶴さんの“見て作れるかんたん和食”
かぶら蒸し、さわらと大根のさっと煮、さっと和惣菜 他

■ウー・ウェンさんの“からだにやさしい温メニュー”
玉ねぎと白身魚の味噌風味煮、豆腐・しょうが・ねぎの四川風鍋、ラム肉と玉ねぎの醤油煮クミン風味 他

■浜内千波さんの“バランスおかず”
焼き野菜クリーム煮、だしサラダ、味噌ねぎチャーハン 他

■柳原尚之さんの“お料理歳時記”
和南瓜のとりあんかけ

■思いっきり食べよう 大人の愉しみ 旬の味わい
「天現寺 笹岡」オーナーシェフ笹岡隆次さん

■関岡弘美さんの“おもてなしにも大活躍の使える作りおき”
■井上真里恵さんの“パパっと餅レシピ”
◇あの時あの味~野口五郎さん
◇おいしいものに会いに行く~京都・錦市場


◎テレビでの放送スケジュールは以下のとおりです。

2018年12月
第1週 <土井善晴>豚バラと白菜の醤油鍋、ごま豆板醤ソース/ <笹岡隆次>金目の煮つけ
第2週 <土井善晴>塩漬け豚のポテ、ポタージュ/ <コウケンテツ>ごろごろ豚ときのこのパエリア
第3週 <土井善晴>ドロップドーナツ/ <笠原将弘>土鍋ステーキご飯
第4週 <土井善晴>黒豆/ <大原千鶴>和風ローストビーフ、じゃがいもの薄甘煮
第5週 放送休止

2019年1月
第1週 <土井善晴>素材のレシピ 玉ねぎ/ <ウー・ウェン>焦がし醤油ねぎラーメン
第2週 <土井善晴>牡蠣のお好み焼き、牡蠣の味噌煮込み/ <柳原尚之>寄せ鍋
第3週 <土井善晴>骨付き鶏肉と豆腐の塩鍋、しょうが味噌すいとん鍋/ <浜内千波>大根のステーキ風 半熟卵のせ
第4週 <土井善晴>素材のレシピ のり/ <笹岡隆次>ちらしずし

●テレビ朝日 土曜日 4:55~ (関東地区)
●岩手朝日テレビ(IAT) 土曜日 5:25~ 7日遅れ
●チューリップテレビ(TUT) 金曜日 9:55~ 6日遅れ
●ABCテレビ  日曜日 5:25~ 1日遅れ
●琉球朝日放送(QAB) 金曜日 10:20~ 6日遅れ
●BS朝日       金曜日 5:00~ 6日遅れ
※放送日、時間、及び内容を変更する場合があります。ご了承ください。

●テレ朝チャンネル2ニュース・情報・スポーツ
※「テレビ放送スケジュール」と異なる内容で放送しています。
 放送スケジュールは、CSテレ朝チャンネルホームページ「http://www.tv-asahi.co.jp/ch/」をご覧頂下さい。
 ご視聴に関する問い合わせは電話:0570-0555-77※PHS・IP電話等は (03)4334-7593 「テレ朝チャンネル視聴者センター」まで。
プロダクトNo 301
出版社 テレビ朝日
発売日 毎奇月21日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。