労働法 定期購読・最新号・バックナンバー

労働法 定期購読・最新号・バックナンバー

労働法の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

労働法の詳細です。


労働法の公式サイトへ
本・雑誌 労働法
本・雑誌内容 「季刊 労働法」は、昭和26年創刊以来、労働法・労働問題のオピニオン・リーダーとして今日的課題に取り組み、多くの研究者や実務家、学校関係者の方々に愛読されてまいりました。 毎号の特集では、法改正や労働問題の現状・課題、海外の労働事情等について、公労使の立場から著名な先生方が鋭い切り口で問題点に迫ります。また、アップデートな判例解説も毎号取り上げます。この1冊で今日必要不可欠な労働法を網羅しておりますので、より深い知識、更なる理解のための1冊として、法律専門家から実務家の方までおすすめです。
本・雑誌内容詳細 特集 労働契約法20条・最高裁判決の検討
有期契約労働者の公正処遇をめぐる法解釈の現状と課題
―2つの最高裁判決を受けて

南山大学教授 緒方桂子

長澤運輸事件・ハマキョウレックス事件・最高裁判決の検討(労働側弁護士の立場から)
弁護士・早稲田大学大学院法務研究科教授 小林譲二

使用者側弁護士から見た20条最高裁判決
弁護士 丸尾拓養

労働組合は非正規労働者への差別撤廃をめざす
―労契法20条最高裁判決を受けて―

全国一般東京東部労働組合書記長 須田光照

労契法20条最高裁判決を踏まえた同一労働同一賃金の今後
―人事・賃金管理への影響

株式会社日本総合研究所理事/主席研究員 山田 久

第2特集 「報告書」から立法政策を問う
「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」報告書を読む
―報告書の意義と今後の課題―

上智大学教授 永野仁美

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書の意義と課題
法政大学現代法研究所客員研究員/中央大学兼任講師 滝原啓允

「人材と競争政策に関する検討会」報告書の読み方の一考察
弁護士 矢吹公敏

■論説■
フランスにおける社会経済委員会の設置
―二元代表システムの新展開

九州大学名誉教授 野田 進

■アジアの労働法と労働問題 第35回■
(公財)国際労働財団(JILAF)の取り組み
(公財)国際労働財団 鈴木宏二

■イギリス労働法研究会 第31回■
イギリス労働法のWorker概念(2・完)
北九州市立大学准教授 石田信平

■労働法の立法学 第52回■
健康保険の労働法政策
労働政策研究・研修機構労働政策研究所長 濱口桂一郎

■判例研究■
家庭生活上の不利益を伴う転勤と配転命令権の濫用
一般財団法人あんしん財団事件・東京地判平成30年2月26日労判1177号29頁

弁護士 千野博之

医師の労働時間該当性と連続勤務における割増賃金規制の範囲
医療法人社団E会(産科医・時間外労働)事件・東京地判平成29年6月30日労判1166号23頁

北海学園大学大学院 池田佑介

■キャリア法学への誘い 第15回■
労働施策推進法の意味
法政大学名誉教授 諏訪康雄

■重要労働判例解説■
指定管理者制度導入に伴う病院職員に対する分限免職処分
西条市(市立周桑病院)事件(高松高判平成28年8月26日労判1163号53頁)

全国市長会 戸谷雅治

全社員販売・WEB学習時間の労働時間性
西日本電信電話ほか事件(大阪高判平成22年11月19日労経速2327号13頁)

社会保険労務士 北岡大介
プロダクトNo 483
出版社 労働開発研究会
発売日 3,6,9,12月の15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。