週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

週刊金曜日の詳細です。


週刊金曜日の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金曜日
本・雑誌内容 1993年、広告に依存しない自由なメディアを創るため、石牟礼道子・井上ひさし・久野収・筑紫哲也・本多勝一が中心となり、多くの定期購読者を募る形で創刊されました。本当に大切な情報が見えない時代、『週刊金曜日』が、暮らしの“真実”と“羅針盤”を届けます。 ※毎週金曜日発売
本・雑誌内容詳細 内容
■表紙
■それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
■風速計 「おなまえ かいて」 崔善愛
■金曜アンテナ
・安保法制違憲訴訟の担い手たちが報告集会 立憲主義・平和憲法取り戻す 本田雅和
・憲法違反の差別「優生手術」を認めてきた国と法律を断罪 最高裁大法廷判決に喜びの声 大橋由香子
・国連委が永住権の取り消し拡大の法改定に見直し・廃止要請 「人種等に基づく差別」指摘 殷勇基
■政治時評 阿部岳
■さらん日記
■ジェンダー情報
■与野党は立て直せるか 既成政党への不信感、都議補選でもあらわ 金本裕司
■払いのけられた「神宮外苑再開発の見直し」 小池再選で都の開発事業進むとの懸念 薄井崇友
■極右台頭 フランス民主主義の危機 「ノー・パサラン」は成功したのか コリン・コバヤシ
■岸田政権とは何だったのか 自民の裏金
・上脇博之・神戸学院大学教授に聞く カネ中毒の自民党に「禁断治療」を 聞き手・まとめ/金本裕司
・「政治にはカネがかかる」の限界露呈 庶民感覚との乖離があらわに 佐藤千矢子
■鹿児島県警元巡査長、公益通報で争わず結審 「刑事企画課だよりはおかしい」 長谷川綾
■弁護士任官「どどいつ裁判長」の訴え(上) 岡口基一弾劾裁判での証言 裁判所の暗い面が嫌われている 佐藤和雄
■【提携連載企画】誰が私を拡散したのか27 当初からアプリに違法画像 「犯罪とわかったものは多分返金している」 Tansa・辻麻梨子
■暗夜胸に手をおいて 第十五夜 「本は光、光をつくる」 安達茉莉子
■自由と創造のためのレッスン 例外状態は植民地統治に由来する 廣瀬純
■日本の民俗信仰 祀りをたずねて 「道祖神信仰」 写真・文/山田しん
■日本で再承認が進む「ラウンドアップ」 世界にならい、販売&使用規制を 印鑰智哉
■新・買ってはいけない 熱中症対策の飲料で糖尿病になったらたまらない 渡辺雄二
■明治憲法下の皇国史観を彷彿? 令和書籍『国史教科書』は子どもの学びにふさわしいか 鈴木敏夫
■身体にやさしい つくり方もやさしい 「季節の薬膳」 今月の料理/盛夏菜彩 新倉久美子
■アーティスト・ウチダリナの「聲のしないまど」 現代中国の逞しさと儚さ 桑原和久
■恐怖政治に抗した女性描く映画『流麻溝十五号』 周美玲監督に聞く 対立深まる世界に問う 野嶋剛
■経済私考 浜矩子
■はまぐりのねごと 中山千夏
■なまくらのれん 小室等
■写日記 松元ヒロ
■きんようぶんか 本・映画・音楽・TVドキュメンタリー・TV批評・本箱
■メディアウォッチ 「頂き女子」「路上売春」など女性側は詳細に報じ男性側は報じないメディア 性を搾取する側にも密着取材を 太田啓子
■言葉の広場、金曜川柳、イラストレーション、写真展、論考
■半田滋の新・安全保障論 トランプ返り咲きで迎える日本存亡の危機
■ヒラ社長が行く 植村隆
■読者会から
■市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板
■金曜日から、編集長後記、業務部からのお知らせ
■今月の料理
プロダクトNo 5723
出版社 株式会社金曜日
発売日 毎週金曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。