週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金曜日の詳細です。


週刊金曜日の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金曜日
本・雑誌内容 1993年、広告に依存しない自由なメディアを創るため、石牟礼道子・井上ひさし・久野収・筑紫哲也・本多勝一が中心となり、多くの定期購読者を募る形で創刊されました。本当に大切な情報が見えない時代、『週刊金曜日』が、暮らしの“真実”と“羅針盤”を届けます。 ※毎週金曜日発売
本・雑誌内容詳細 内容
■表紙
■それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
■風速計「世界最良の移民の国へ」 田中優子
■金曜アンテナ
・30年ぶりの商業捕鯨再開で「30年代」の悪夢再来? IWC脱退?近海「転進」効果は? 井田徹治
・2018年ブラック企業大賞は三菱電機 「労使癒着で労働者が犠牲に」 斉藤円華
・米政府の「言い値」で「空母」搭載用戦闘機を大量導入 自民部会の提言を丸ごと採用 半田滋
・「オール沖縄vs.安倍政権」2019年選挙戦展望 分断を避け、今こそ総力戦を 渡瀬夏彦
・元会長ら3被告に禁錮5年を求刑 東電刑事裁判、3月に結審 添田孝史
・ジェンダー情報
■政治時評 西谷玲
■晴海「選手村」開発疑惑2 都心の一等地がなぜこんな“激安価格”なのか 片岡伸行
■特集 天皇制
・対談 家父長制度のもとでの女性の「生きづらさ」が凝縮している 
雨宮処凛 × 森達也 統治権力に従順であれという振る舞いの根源に天皇制がある
・明治時代に作られた天皇制イデオロギーの克服を 宇都宮健児
・「平和天皇」の内実 中嶋啓明
・表現が萎縮しない時代の証言 太田 昌国
・女性を呪縛する家父長制 鈴木裕子
・なぜ韓国は共和制になったのか? 成川彩
・天皇報道と記者たち 「メディアの自殺状況」から抜け出すために 山口正紀
・「開かれた皇室」へそろそろ決断を 宮下正昭
■伊藤千尋&さらん 歌の革命2
■経済私考 高橋伸彰
■犬が王様を見て、何が悪い? 四方田犬彦
■たとえば世界でいま コリン・コバヤシ/北方農夫人
■きんようぶんか 本・映画・音楽・美術・本箱
■加工食品に含まれる塩分をあなどるな 過剰摂取にはくれぐれも要注意 垣田達哉
■話の特集 中山千夏/矢崎泰久/小室等/松元ヒロ
■初めて老いった!?「山場のない旅」 石坂啓
■投書/論争
■本多勝一の俺と写真
■ヒラ社長が行く 植村隆
■読者会から
■市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板
■金曜日から/編集長後記/今週の表紙
プロダクトNo 5723
出版社 株式会社金曜日
発売日 毎週金曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。