Voice 定期購読・最新号・バックナンバー

Voice 定期購読・最新号・バックナンバー

Voiceの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Voiceの詳細です。


Voiceの公式サイトへ
本・雑誌 Voice
本・雑誌内容 月刊誌『voice』21世紀のよりよい社会実現のための提言誌として創刊されました。以来、政治、国際関係、経済、科学・技術、経営、教育など、激しく揺れ動く現代社会のさまざまな問題を幅広くとりあげ、日本と世界のあるべき姿を追求する雑誌づくりに努めてきました。次々と起る世界的、歴史的な変革の波に、日本社会がどのように対応するかが差し迫って闘われる今日、『voice』はビジネス社会の「現場感覚」と「良識」を基礎としつつ、つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合雑誌として、高い評価を得ています。
本・雑誌内容詳細 ==================
★★総力特集:経済戦争の覇者
==================

●消費増税は景気回復を妨げる         ポール・クルーグマン

●ゴーン解任で変わる自動車産業         田中道昭

●戦前「機密費外交」の失敗に学べ     井上寿一

●習近平は米国に面従腹背か         近藤大介

●「地経学大国」イスラエルの最前線     杉田弘毅

●デジタル・テクノロジーが解決する少子高齢化 落合陽一

【特別インタビュー】 「情」と日本人     立川志らく


==================
特集:世界の火薬庫
==================


■複雑化する中東、情緒に走る韓国 山内昌之

■台湾統一地方選の本質を見誤るな 小笠原欣幸

■ウクライナが加速させる米露新冷戦 名越健郎

■大阪万博でアンチエイジング     松井一郎

■国民生活を脅かす水道民営化     小浜逸郎

■「空母いずも」の実力         潮 匡人

■移民問題は「リベラル」の幻想を超える 岩田 温

■中間層没落の原因は孤独だ     タイラー・コーエン

==========
連載 ほか
==========

●新時代ビジョン研究会
AIは意味を扱えない
西垣 通

●日本は世界最古の民主国(8)
西洋の人権は神が与えたもの
竹田恒泰

●パラアスリートの肖像(18)

●特別インタビュー
「フィリップ・クレイヴァン」
山田清機

●プリンス〈第32回〉
第七章 試練(3)
真山 仁

●たばこは心の松葉杖
松本俊彦

●日本構想フォーラム
日本の変革は美意識から 山口 周

●「商人魂」が行政を変える
古谷よしゆき


<ニッポン新潮流>

■〈歴史論争〉ルーズベルトのソビエト国家承認の愚~その一~ 渡辺惣樹

■〈政治外交〉反マクロンデモと国家社会主義 三浦瑠麗

■〈現代社会〉怨恨といかに向き合うか     開沼 博

■〈日本文化〉世界に挑戦するための「条件」 舘鼻則孝


★西南、南西、テレビ風27
大変革時代を迎えたテレビ 結城豊弘

★著者に聞く
『軌道』      松本 創

★巻頭言〈第14回〉
政治エリートへの逆襲  宮家邦彦

★私日記〈第229回〉
炬燵の上の青い鉢  曽野綾子

★文明之虚説〈第14回〉
御代がわりを前に  渡辺利夫

★台湾に生き続ける日本〈7〉
日本人校長と「誠」の精神 写真・文/片倉佳史

★土木を撮る〈10〉
稚内北防波堤ドーム  写真・文/西山芳一

★凜たる女性〈98〉 樹 弥沙
撮影/遠藤 宏

★編集者の読書日記
Voiceブックス

★編集者の映画三昧
Voiceシネマ

★読者の感想&意見
Voiceレター

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
以上でございます。
月刊誌『Voice』は、昭和52年12月に、21世紀の
よりよい社会実現のための提言誌として創刊されました。
以来、政治、国際関係、経済、科学・技術、経営、教育など、
激しく揺れ動く現代社会のさまざまな問題を幅広くとりあげ、
日本と世界のあるべき姿を追求する雑誌づくりに努めてきました。
次々と起る世界的、歴史的な変革の波に、日本社会がどのように
対応するかが差し迫って闘われる今日、『Voice』はビジネス社会の
「現場感覚」と「良識」を基礎としつつ、つねに新鮮な視点と
確かなビジョンを提起する総合雑誌として、高い評価を得ています。

是非、定期購読にてお楽しみください!
プロダクトNo 5761
出版社 PHP研究所
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。