週刊ダイヤモンド 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊ダイヤモンド 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊ダイヤモンドの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊ダイヤモンドの詳細です。


週刊ダイヤモンドの公式サイトへ
本・雑誌 週刊ダイヤモンド
本・雑誌内容 経済・金融・企業情報をタイムリーに伝えるビジネス誌。定期購読やバックナンバーの購入もできます。週刊ダイヤモンドは、1913年創刊の歴史と伝統を誇る日本有数の週刊経済誌です。斬新な特集企画、独自の市場調査、精密でタイムリーな経済・産業・起業レポート、多彩な連載記事・コラムなどによって、ビジネス活動に有益な情報を提供しています。毎号仕事に効くタイムリーな情報を満載。いま、もっとも元気なビジネス情報誌。独自の切り口による徹底した取材記事と豊富なデータを、見やすいビジュアルで構成する誌面が好評。多くのビジネスが読んでいる!1週間の経済情報はダイヤモンド誌から。
本・雑誌内容詳細 【特集】電機・自動車の解毒

「Part 1」狙われる日本企業
米・台半導体の「日本誘致」極秘計画
(Interview)車谷暢昭●東芝代表執行役社長CEO(最高経営責任者)
中国牛耳る「レアアース危機」再燃
(Interview)古森重隆●富士フイルムHD会長兼CEO(最高経営責任者)

「Part 2」大減産ショック
トヨタ黒字でも「下請け」構造は崩壊
トヨタ「聖域」ディーラー網の大淘汰
(Interview)山田義仁●オムロン社長
(Interview)小林喜光●三菱ケミカルHD取締役会長、経済同友会前代表幹事
ソニー、パナの明暗分けた「改革度」

「Part 3」優等生の挫折
コロナで露呈した三菱電機の弱点
三菱電機に巣食うパワハラ体質

「Part 4」世界経済の分断
米中対立時代、日立の「八方美人戦略」
(Interview)小久保憲一●日立製作所業務役員専務(前中国総代表)
(Interview)東原敏昭●日立製作所社長兼CEO(最高経営責任者)
(Interview)日覺昭廣●東レ社長

「Part 5」自動車・電子部品245社 「コロナ耐久度」ランキング
245社中6割が「慢心」気味


【特集2】ソフトバンク
巨額赤字の惨禍


【News】
(1)Close Up 新型コロナが分けたメガ銀の明暗 三井住友が最終利益で首位奪取
(2)Close Up 料金値下げでドコモ「独り負け」 コロナ特需生かせぬ携帯3社
(3)Close Up 会長残留でトロイカ体制か院政か 大成建設「けじめ」で社長交代
(オフの役員)藤原弘治●みずほ銀行頭取

「ウォール・ストリート・ジャーナル発」
コロナで空前の経済収縮、成長へ薄明かりも
米企業なお中国重視、コロナも貿易戦争もお構いなし

「Market」
(金利市場 透視眼鏡)潜在成長率の下方屈折が米国のマイナス金利導入の条件●野地 慎
(金融市場 異論百出)「日銀が無制限国債購入」は誤解 苦しい内実と印象操作を解説●加藤 出

「Data」
(数字は語る)64.2% テレワーク時に、押印や書類へのサインなど紙書類の処理で出社せざるを得なかった人の割合●榎並利博


【ダイヤモンド・オンライン発】
コロナ問題を議論する「専門家」は本当に信頼できるのか


【連載・コラム】
井手ゆきえ/カラダご医見番
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
牧野 洋/Key Wordで世界を読む
山本洋子/新日本酒紀行
加藤文元/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
校條 浩/シリコンバレーの流儀
後藤謙次/永田町ライヴ!
読者アンケート
From Readers From Editors
世界遺産を撮る
プロダクトNo 5771
出版社 ダイヤモンド社
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。