一橋ビジネスレビュー 定期購読・最新号・バックナンバー

一橋ビジネスレビュー 定期購読・最新号・バックナンバー

一橋ビジネスレビューの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

一橋ビジネスレビューの詳細です。


一橋ビジネスレビューの公式サイトへ
本・雑誌 一橋ビジネスレビュー
本・雑誌内容 一橋大学イノベーション研究センター責任編集。 『一橋ビジネスレビュー』は、「経営を考える力」を養いビジネスの実践に役立てる内容で、企業経営者を含むビジネスリーダーに向けて、2000年9月に創刊されました。特集論文、経営学の最先端を紹介するコラムに加え、本格的なビジネス・ケース、経営者インタビューを毎号掲載して、経営学・イノベーション研究分野の研究者、学生、MBA、知的ビジネスパーソンのために最新の経営理論・手法を分析していきます。
本・雑誌内容詳細 営業というと、ノルマや営業パーソンのスキルなど、個人と結びつけて語られることが多い。しかし、企業の活動であるからには、組織立った面にも目を向けるべきではないか。たとえば、生産管理のように、標準化などを進め、組織として安定した成果を達成する仕組みの考察である。それは、本社・ホワイトカラーの生産性向上が求められる今、個人と組織の関係を見直すことにつながるかもしれない。こうした現状認識に立って、本特集では、営業を学問として分析するだけでなく、データや現場情報をもとにした研究成果を交えながら、営業の現状と将来を展望し、この領域の研究と実務を活性化することをめざす。


目次
[特集]「新しい営業」の科学
現場から見た日本企業の営業(野部剛/小松弘明/生稲史彦)
セールス研究の現状と営業研究の課題(稲水伸行/佐藤秀典)
データから見えてくる日本の営業(稲水伸行/鏑木幸臣)
営業における組織能力向上(山城慶晃)
価値共創型営業への道筋(小菅竜介)
AIは営業担当者の働き方をどのように変えるか(伊達洋駆/山本勲)

[ビジネス・ケース]
Gogoro――電動スマートスクーターのイノベーション
英國屋――中小企業の事業継承とリーダーシップ

[随想]
現象学的経営学に向けて(野中郁次郎)

[連載]
フィンテック革命とイノベーション(野間幹晴/藤田勉)
日本発の国際標準化 戦いの現場から(江藤学/鷲田祐一)

[マネジメント・フォーラム]
出雲充(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長CEO)
プロダクトNo 5819
出版社 東洋経済新報社
発売日 3,6,9,12月の13日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。