蛍雪時代 定期購読・最新号・バックナンバー

蛍雪時代 定期購読・最新号・バックナンバー

蛍雪時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

蛍雪時代の詳細です。


蛍雪時代の公式サイトへ
本・雑誌 蛍雪時代
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 【特集】難関大合格へのスタートライン! センター試験得点率80%突破力!
・教えてプロの人! “センター試験ラストイヤー” の入試はどうなるの?
・先輩はどうだった? センター試験への向き合い方 徹底調査!
・いよいよ“ラストセンター” センター試験大図解!
・得点率80%超えを実現! センター試験対策 5つの年間戦略
・センター&個別試験 受験で見えた学習の本質
・先生・先輩が教える授業活用術 センター対策、授業で差をつける!
・得点8割突破のための センター試験“出題&対策”全力ガイド
・センター試験で成功する人・失敗する人

【特集】[英語力]で突き抜けろ!
・関正生の特別講義 英語は君の“最強の武器”になる!
・英語得点力強化(読解ノート編/文法ノート編/単語暗記編)
・アプリで覚える!「 ターゲットの友」活用法
・読めば覚える! 音読のススメ
・「入試の英語」これが最新傾向だ!
・外検利用入試合格体験記

【大学入試を知ろう】
・2018年 私立大入試 志願者動向分析

《好評連載》
清水章弘の新・デキる受験生養成講座 考えるアタマのつくりかた
外部検定利用入試を徹底解説![第2回]
ライブ講義が聴ける! 鉄人講師のセンター試験傾向と対策ナビ
・英語の鉄人 水野 卓(駿台予備学校)
・数学の鉄人 池田 洋介(河合塾)
・現代文の鉄人 竹内 幸哉(河合塾)

【第1付録】
学部リサーチ! 文・人文・外国語学部系統の総合的研究
【特別付録】
速報! 2020年国公立大学入試科目・配点一覧

《螢雪時代編集長コメント》

螢雪時代5月号の大特集は「センター試験」。
前号・4月号のときにも書きましたが、
この雑誌でセンター試験対策をするのも今年が最後。
来年1月18・19日に行われる「最後のセンター試験」はどうなるのか…
難易度は?出題内容は?2次出願は?と、今から心配事は尽きません。
来年のセンター試験を突破できなければ後がない…と、
煽るような心無い声も聞こえてきます。

2020年入試は、本当に「後がない」のでしょうか。
巻頭の記事では、駿台予備学校と河合塾の2大予備校で
長年にわたって大学入試を見つめてきた「入試のプロ」に、
率直な疑問をぶつけました。その結論は本誌をお読みいただくとして、
雑音にかまわず、まっすぐな気持ちで学力アップに取り組んでほしい-
それだけは、まずお伝えしておきたいと思います。

センター試験は、あくまで教科書レベルの基礎的学力を問う試験。
とはいえ、難関国立大で80%以上、難関私立大のセンター利用入試では90%前後ともなる
合格得点率を確保するためには、付け焼き刃の対策ではなく、
ほんとうの意味での基礎学力をしっかり身につけることが必要。
かつ、センター試験利用入試専願でもなければ、
2次・個別試験のことも考えておかねばなりません。
どちらか一辺倒にならず、バランスも効率も併せ持った理想の入試対策を、
今号の特集を通じて身につけていただければ幸いです。

第2特集では、文系・理系問わず入試の最重要教科であり、
入試改革や「外部検定利用入試」でも話題となっている「英語」を取り上げます。
「英語4技能」という言葉が独り歩きする一方で忘れられがちな、
英語力向上のためにほんとうに必要な力とは何かを説く
カリスマ英語講師・関正生先生の特別講義をはじめ、
語彙、文法、読解、リスニングと、幅広い英語の力を伸ばすためのメソッドを
くわしく解説します。
英語をあなたの得点源の柱とできるよう、ぜひ活用してください。

入試本番まで、あと270日。まだまだ先のようでいて、時が経つのは早いもの。
センターレベルの基礎力も英語力も、じっくりと伸びていくものだからこそ、
いまから気を引き締めて取り組みましょう。

(編集長・倉賀野次郎)

プロダクトNo 650
出版社 旺文社
発売日 毎月14日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。