建築設備と配管工事 定期購読・最新号・バックナンバー

建築設備と配管工事 定期購読・最新号・バックナンバー

建築設備と配管工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築設備と配管工事の詳細です。


建築設備と配管工事の公式サイトへ
本・雑誌 建築設備と配管工事
本・雑誌内容 本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジェントビルに至るあらゆる建築設備について、そのシステムから材料、機器、設計・施工、運転・保守、設備更新まで、設備に関する総合技術についてコスト・法規など多角的かつ実務面からとりあげ、設備技術者に実際に役立つ情報を提供することを編集方針としています。
本・雑誌内容詳細 ■特集:厨房排気脱臭装置の最新動向1
○脱臭技術の種類と特長/テクノメディカル㈱/久保 彰
近年、都市部における飲食店等の排気による「におい」の苦情件数は減らず、脱臭対策は建物計画上必要不可欠になってきているが、市場には様々な脱臭手法・メーカーがあり、ユーザーは選択に迷うばかりである。臭気対策専門コンサルタントである筆者の経験から、各脱臭設備の特徴をわかりやすく解説する。

○厨房排気を強力脱臭/㈱カルモア/藤原広之
近年増加し続けている厨房排気による臭気問題について必要な知識と対策方法を紹介する。特に勧めたいセラミック脱臭方式については事例も含めて記載している。

○吸着離脱と触媒&オゾン分解による/強力脱臭三協エアテック㈱/山本有治
吸着した臭気分解作用を有した脱臭フィルターと、オゾン脱臭技術を採用したハイブリッド方式により、シンプルかつコンパクトな脱臭システムを提供している。加えて、システム導入後に脱臭効果を達成し、維持するための技術サポートを提供する。

○「におい」を変えるシステム-気化脱臭装置「爽」-/㈱シー・エス・シー/明崎泰輔
都市の密集化や商業施設の複合化が進む中で、厨房排気における臭気問題は、年々大きな問題となってきている。本稿では、臭気問題の社会的背景とその対策を紹介するとともに、臭気対策の一例としての気化脱臭装置を用いた脱臭システムを紹介する。

■最新技術情報
○AI時代を見据えた超高発熱GPUサーバ対応 水冷空調機「CyberAirリアドア型」/㈱NTTファシリティーズ/由佐卓也・三宅加典介
GPUサーバの冷却の一つとして、同社では、2018年5月に、データセンター用空調機製造メーカであるStulz社と共同で、同社のリアドア型空調機CyberRackをベースに、GPUサーバの熱的特性を考慮したCyberAirリアドア型を開発・リリースした。本稿ではその特長を述べる。

○寒冷地向けパッケージエアコン「ズバ暖スリム」/三菱電機㈱/馬場一成・岩井美穂
寒冷地においてのパッケージエアコン暖房では、暖房運転時に室外ユニットに付着した霜を溶かす霜取運転が必要なため、快適性の観点から霜取運転時の室温低下抑制が課題である。最適なタイミングで霜取運転を行い、最大10時間の連続暖房運転を可能にするなど、霜取運転時の快適性を向上した同商品について紹介する。

○冷媒配管用火無し継手 RGプレス/東洋フイツテング㈱/佐藤好生
安定接合品質、施工時間短縮、軽量、低価格をコンセプトとした冷媒配管用火無し継手RGプレスを開発した。RGプレスは冷媒用銅配管の施工生産性向上に必ずや貢献できると考え、リニューアル用途だけでなく、新設物件への採用が拡大することを期待したい。

○NF(Not use fire Foam)システムの開発/㈱三菱地所設計/藤野健治
「車両火災モデルの構築」と「水噴霧ヘッド(NFヘッド)の開発」を行い、「火災抑制性能の評価基準を策定」し各種実験を行うことにより、水を火災抑制剤とする駐車場用火災抑制システムを開発するとともに、消防設備システムの性能評価および総務大臣認定を取得し、実物件への採用を果たした。

○免震吊下式高天井照明装置の開発/安藤ハザマ/和田 稔・三富正二・宮川忠明
地震時の振れ止め等の耐震支持材の取り付けが不要な免震吊下式高天井照明装置を開発した。本稿では、照明器具を設置するための高所作業について説明し、本装置の特長および振動台実験による免震性能の検証結果を紹介する。

○IoT社会の「測る」「つなぐ」を「簡単」にするオムロンの環境センサー/オムロン㈱/戸谷浩巳・白木和久
身の回りの様々な環境情報をセンシングし、これまでデータが取得されていなかった様々なシーンでの環境情報のセンシングを容易にするとともに、ユーザー各社がIoTによる新たなソリューションやサービスを展開することを可能にしたオムロンの環境センサーについて紹介する。

■解説
○一般住宅向け浅層地中熱利用システムの低コスト化技術/日本大学/田村 慎太朗・柿崎隆夫・小熊正人
地中熱利用システムの普及促進を実現するためには初期設置コストの削減が課題である。日本大学工学部は一般住宅規模のシステム設置コスト従来比40%削減を実現すべく、地中熱交換器設置低価格化、機器開発、プレハブ的施工法を実施し150万円/(5kW熱出力)の見通しが得られた。

○世界初、市街地で水素100%による熱供給について/㈱大林組/島 潔
神戸市のポートアイランドにおいて、水素と天然ガスを燃料とする1MW級ガスタービンにより、複数の施設へ電気と熱を供給する実証運転を行っている。2018年4月19日、水素をガスタービンで燃焼させ、発生した電気と熱を近隣施設へ供給する「水素CGSプラント」の実証運転に世界で初めて成功した。

■竣工事例
○広小路クロスタワー/㈱竹中工務店/棟保義憲・辺見佳祐
名古屋の栄・伏見エリアのランドマークとなる超高層オフィスビルである。低層部の商業店舗と隣接する旧名古屋銀行本店ビルとの連続した賑わい創出により、本エリアの活性化の起爆剤になることを期待されている。本稿で設備の概要を紹介する。

○プライムコーストみなとみらい(商業施設・ホテルビスタプレミオ横浜)/㈱久米設計/大平真史
横浜市のみなとみらい21地区59街区B区画に竣工した複合開発施設である。開発にあたっては横浜市より隣地のA区画との「59街区としての一体性のある開発と“みなとみらい21地区”の北の玄関口にふさわしいデザイン」が求められた。ホテル・商業施設と集合住宅からなる、すべてを地域冷暖房からの冷水・蒸気で空調・給湯を行う複雑な計画であった。

■シリーズ:第16回 環境・設備デザイン賞
○無量光明圓寺納骨堂清淨殿/㈱古森弘一建築設計事務所 古森弘一
福岡県に古くから建つお寺に新設された納骨堂。参拝者の訪問が不規則であり、温熱環境を空調機でコントロールするのではロスが多いため空調や照明などのエネルギーを使用しない空間をつくり出した。天井は4層の木ルーバーで構成され日射を取り込みつつ床に直射光が届かないようになっている。

○関東学院大学建築・環境棟(5号館)/関東学院大学/湯澤正信・大塚雅之・遠藤智行/㈱日本設計/淺井万里成・佐々木真人・千野保幸・村井 一
本施設は、建築・環境学部における教育と研究の拠点として、そこにいるだけで建築・環境学を学ぶことができるような“生きた学修教材”をコンセプトとした環境建築である。計画・設計の考え方、設備概要から竣工後の検証結果、運用実績までを紹介する。

○TMiPパワーモジュール/ユーヴィックス㈱/柏山貢四郎/㈱日本設計/井田 寛・王 准
高付加価値への空気質向上はこれからの建築空間を形成する上で重要なキーワードになっていくものと考えられる。本稿では酸化チタンメッシュであるTMiPと紫外線殺菌灯の相乗効果により脱臭・除菌機能を高めた本機を紹介する。

■シリーズ:外国の環境保全および建築設備事情98
○米国とカナダにおける配水主管の漏水の現状元/㈱森村設計/前島 健
米国とカナダにおける配水主管の漏水の現状について紹介する。

■連載
○防食鋼管 40年の思い出(第 49回)/IDE研究所/井出浩司

■Le petit pouce ペットと暮らす 173
○花綱(フェストゥーン)/畑建築デザイン/畑 由起子
プロダクトNo 683
出版社 日本工業出版
発売日 毎月5日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。