芸術新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

芸術新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

芸術新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

芸術新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

芸術新潮の詳細です。


芸術新潮の公式サイトへ
本・雑誌 芸術新潮
本・雑誌内容 芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。
本・雑誌内容詳細
 【特集】

 藤田嗣治と5人の妻おんなたち

 Prologue
 妻たちを通して振り返る画家の軌跡
 解説 林洋子
 妻たちとたどる藤田画伯のキャリアマップ

 1 とみ 真夏の恋で結ばれた、同い年の才媛
 2 フェルナンド フランスへの同化を誘いざなった女性画家
 3 ユキ 絶頂期をともにした“トロフィー・ワイフ”
 4 マドレーヌ 中南米遊歴の果て、日本に散った薄幸のミューズ
 5 君代 花も嵐も踏み越えて添い遂げた、最後の妻

 奈良美智がカメラでたどる
 フジタの愛した場所
 撮影・文 奈良美智

 君代夫人が遺した「藤田嗣治資料」拝見!
 解説 古田亮
 1949-50 ニューヨーク日記の波乱万丈

 世界の巨匠たちが撮った!
 Foujitaポートレイト傑作選

 あり得たかもしれない
 天才漫画家・藤田嗣治
 「本のしごと」展をめぐって
 文 鹿島茂

 COLUMN
 猫派画伯の犬ものがたり
 戦争画への階段、壁画に挑んだ30年代
 編集部のおすすめ! 藤田嗣治を知る本
 幻の挿絵本? 版画原版見つかる
 文 富田芳和

 展覧会案内

 【第二特集】

 徳川家の栄光と文化のニューウェイヴを映し出す
 名古屋城本丸御殿
 復元完成

 [特別対談]

 『ホンマタカシの換骨奪胎』刊行記念 同級生対談
 ホンマタカシ×原田マハ
 ふたりの“換骨奪胎”

 【Art News report】

 一八九八年の普段着のふたり
 ―西郷どん像とバルザック像の奇縁にまつわる一考察
 文 木下直之

 【Art News book】

 現役営業中!
 元妓楼旅館が語るもの
 撮影 関根虎洸

 【Art News exhibition】

 アマゾンの聖獣たちがやってきた!
 ブラジル先住民の天と地をつなぐ椅子
 選・コメント ミロコマチコ

 ・Review

 ゴードン・マッタ =クラーク
 菱田雄介/江上茂雄/沖潤子

 ・Global News

 Venezia「第16回国際建築展 ヴェネツィア・ビエンナーレ2018」
 ヴァチカン・チャペル
 Aix-en-Provence「プロヴァンスのニコラ・ド・スタール」展
 London「ザ・ロンドン・オープン2018」展
 New York「メアリー・コース:光の追求」展

 【Regular Features】

 ちょっといいで書?〈16〉
 ストリートで見つけた気になる字
 選・文 中澤希水

 Goods & Shop

 時と光の美術館〈16〉
 ブルガリ

 [連載]

 海外アートStudy最前線〈39〉
 文 前橋重二

 定形外郵便〈51〉
 文 堀江敏幸

 中野京子が読み解く画家とモデル〈5〉
 シャガールと《誕生日》

 [新連載]

 千住博の往復書簡〈1〉
 宛先 隈研吾様

 フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具
 十二支めぐり〈11〉[戌]

 千 宗屋の飲みたい茶碗、 点てたい茶碗〈49〉

 [PICK UP]

 movie 野崎歓

 book 諏訪敦

 recommend 編集部のおすすめ!

 成相肇の やっかい もっかい てんらんかい〈28〉

 exhibition 全国展覧会情報

プロダクトNo 692
出版社 新潮社
発売日 毎月25日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。