コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE) 定期購読・最新号・バックナンバー

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE) 定期購読・最新号・バックナンバー

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE) 定期購読・最新号・バックナンバー

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)の詳細です。


コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)の公式サイトへ
本・雑誌 コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)
本・雑誌内容 コンバットマガジンは、1980年(昭和55年)の創刊以来、ミリタリー総合誌として、ガン&ミリタリーファンの根強い支持を得てきました。読者層は16~30歳が中心ですが10歳以上のトイガンファンや40代の読者も少なくありません。本誌ではこういった方々のご要望に応えるべく、海外で行われるシューティング競技や各種イベント、国内で開催されるトイガン大会の取材はもとより、自衛隊、各国軍、特殊部隊への取材を積極的に行い、トイガン、ミリタリーウエア、装備品などの紹介とあわせて、多くの人に満足していただける内容となっています。
本・雑誌内容詳細 【巻頭特集】トランプの国境

2015年6月、アメリカの大統領選挙の共和党立候補演説で「アメリカとメキシコとの国境に壁を作る!」と宣言したが、誰もが、彼が大統領になれると信じていなかった。だが、選挙を勝ち抜き、2017年1月20日、聖書に手を添え宣誓し、に第45代米大統領となった。そしてメキシコとの国境に「グレイトウォール」建設が動き出した!
アメリカとメキシコの国境で活躍するポーターパトロール、「国境警備隊」の仕事や装備、国境を舞台とした映画などを
レポートする!

・月刊 THEグリーンベレー イラク開戦! グリーンベレー市街地戦闘編

あまりにも有名な米陸軍特殊部隊、グリーンベレー。イラク戦争で行なった市街地戦闘を元隊員のインタビューなどを
交え詳細に紹介する。


【特集】ベトナム戦争

・ペーパーウォー第6弾! 「両手を広げて、無条件であなたを受け入れます」と北ベトナム兵士に向け南へ寝返るよう宣
撫工作を行なったチューホイプログラム、別名「オープンアームズ作戦」にスポットを当てる。
・ベトナム戦争コンバットカメラマンストーリー第2回は、オーストラリアの従軍カメラマンデニス・ギボンズのインタビュー
Part1。


戦う日本車 VEHICLE of BATTLE FIELD

いま最も危険な紛争地帯を写す戦場カメラマン、横田 徹による、紛争地帯で使われている日本車を紹介する。


東京マルイ 次世代電動ガン HK416デルタカスタム・ブラックモデル

公式には存在が認められていないアメリカ陸軍特集部隊「デルタフォース」。彼らが使用しているであろうライフルの
HK416デルタカスタムをタンカラーで東京マルイがリリースしたが、ついにブラックモデルが登場!


他に、ミリタリーギアを徹底解説する人気連載「ミリタリアラウンドアップ!」や「米軍現用米軍装備カタログ」、トイガンレポ
ートなど、連載陣も充実した内容お届け。
プロダクトNo 950
出版社 ワールドフォトプレス
発売日 毎月27日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。